身体機能の連鎖は面白い
先日、終了間際にギックリ腰になったと言って突然みえた女性の患者さんがあった。
なんでも、両手に荷物を持って階段を昇って行った際に、腰にピリッとした痛みが走ったのだそうである。そのまま会議に出て座っていたら次第に具合が悪くなり、立ち座り、歩行も辛くなって、そのまま直行してお見えになった。

運動分析では、前後屈で痛みが腰仙部を横に広がる。左腰部の筋のトーンは低下していて、左右差が明らかである。左腰腸肋筋の損傷のように思えた。左の腹斜筋も緊張度が低下している。骨盤反射も前方と後方で異常だった。筋線維の損傷が大きければ腫れや熱感があるだろうが、そんな徴候はみられない。おそらく浅筋膜の障害だろう。

ギックリ腰は、睡眠後に起きるのが辛くなりやすい。だから、痛まない動きを出来るだけ行うことが望ましい。だからと言って、やたら意味のない刺激を与えることも好ましくない。カイロプラクターがよく行うマニピュレーションは、こうした患者さんに用いると大抵は余計に悪化させてしまうことが多い。このことは、近年のカイロプラクティック理論で提唱されている「デスアファレンテーション(求心性入力不全)理論」によっても理由づけられる。侵害刺激が過剰になり、圧・動き刺激が減少すると、入出力のコンビネーションの悪化が痛みを増強させるのである。すると筋スパズムが起こる。交感神経の緊張も亢進して自律神経症状も発現する。デスアファレンテーション理論は、この入出力信号のコンビネーションに注目しているのである。

この患者さん、治療後には痛みも半減したようだが、左腰部の筋群は相変わらず緊張度が低下したままだった。何故だろうかと思いながらも、取り敢えず注意事項を指示して明朝もう一度みることにした。

翌朝、「痛みがなく起きれた」と言って再診にみえた。
どれどれ...と思いつつ触診すると、緊張度の低下した左腰部の筋は相変わらず低下したままである。それでも立ち座りや歩行も8割方は大丈夫らしい。だから慎重に動けば大した問題はないのだそうだ。

そこで、特に痛みを感じる動作などはあるのか、悪化因子を聞いてみた。
「右手を伸ばして物を取るような動作で痛む。左手を伸ばすのは何ともない」と言う。
そこで再現させてみた。確かに右手を伸ばすと腰仙部に痛みを感じるようである。

そう言えば、「荷物を両手に持って階段を昇っていてギックリ腰になった」と言っていたことを思い出した。大胸筋を触診すると右の大胸筋鎖骨部に強いジャンプ兆候の圧痛があり、それは右乳房下部へ跳ぶトリガーポイント(TP)である。右肩甲骨内側部にも圧痛がある。そして右胸郭は固着したように可動性をなくしている。
腰部にばかり気を取られて、見逃していたようだ。
c0113928_12113945.jpg

右の胸郭の固着が大胸筋TPを作ったのか、あるいはその逆かはわからない。が、こうした胸郭の片側の固着が、対側の腰部や腹部の筋群を代償して緊張度を低下させたのではないかと推測された。

そこで左胸郭部のTPをリリースすると、固着した胸郭が動き出し、併せて対側腰部(左)の筋群の緊張低下が戻ってきた。
今度は右手を伸ばしても腰への痛みが起こらなくなった。

身体機能の連鎖は本当に面白い。
[PR]
by m_chiro | 2011-02-28 12:12 | 膜系連鎖 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/15986283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タク at 2011-03-01 23:23 x
鞭打ちも、胸鎖乳突筋だけ、1筋肉だけが罹患筋にならないでしょうね。衝撃時、他の頚部筋肉が損傷を受ける。
と同時に、筋膜連結してる筋が罹患筋のせいで代償のため負荷か掛り、新たな罹患筋を生み出すとか。そんなストーリー。ちょっと空想入ってますが。。


アナトミートレインを見るとより、筋筋膜経線が複雑です。 テンセグリティ ありますね。
m_chiro先生は、もうアナトミートレインお持ちでないかと?
Google ブックス

http://books.google.co.jp/books?id=l2aGtM1zkYkC&pg=PA49&vq=%22nor+too+retracted,+they+neither+divided+nor+died.+Instead+they+differentiated+themselves+in+a+tissuespecific+manner%3B+capillary+cells+formed+hollow%22&source=gbs_quotes_r&cad=7#v=onepage&q&f=false

小松の某病院を受診したら、そこの院長どのから ↑ を差し出されて、目を通したのですが、ちょっと難しいです (汗) 私が見たのは日本語版です。
Commented by m_chiro at 2011-03-02 20:45
タクさん、情報を有難うございます。
罹患筋からの代償作用で広がる痛みの連鎖は、私も「アナトミートレイン」でイメージが広がりました。
この本、原著で見ていました、絵を。
図が豊富なので絵を見ているだけでも連想出来て嬉しい本でした。
翻訳を待ち望んでいました。手軽にWEBサイトで読めるんですね。
また面白いものがあったら教えてください。
Commented by タク at 2011-03-03 00:58 x
そこの院長どのから「アナトミートレイン」を手渡されたのは、多分その前に私から
「こんな本、有ります」と差し出したからだと思ってます。何か通じるもの、有りき。

「骨格筋の形と触察法」 河上 敬介 磯貝 香 (著)/大峰閣
を手渡しました。

そこに筋連結の話が出てきます。
googleで「筋連結」…出てきます。

簡単なモデル:二頭筋の起始と停止はどこ? 業界の方はすぐにわかると思います。
じゃ、殿筋群の起始停止はどこ?これも、大体の業界の方はわかると思います。

起始停止は筋がPowerを出すために踏ん張ってる所。=負荷が掛る所。
異なる物が構造的に結合してる部分は、応力が掛る。鋼材の溶接部etc.

つまり、損傷しやすい。
起始停止でなくても、結合組織部は…。骨と筋だと筋腱移行部、骨膜。骨膜も侵害受容器がある場所。殿筋の結合部は…。

MPS
筋と筋膜の痛みの症候群。

そして、連結してる部分が、悪くなり、その連結してる部分が悪くなり、それは、ポイントを通過してゆく列車のように。
※かなり空想入ってますw。
Commented by m_chiro at 2011-03-03 23:29
タクさん、またまた有難うございます。
「筋連結」覗いてみました。
「骨格筋の形と触察法」は筋筋膜や腱、骨膜からの解剖学的連結が学べる良い教材のようですね。
解剖実習でも骨格筋の区分けをするときに、この連結に悩まされてしまうのです。その連結が分かりやすく画像で出ていて興味深くみました。

タクさんの蘊蓄は、もう業者並みですね。
<< あげくに「筋肉が融ける病気かも... 目まぐるしく変わった診断名② >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索