「ソマセプト」、「ソマレゾン」
皮膚考学研究所の長谷川智也先生が考案した「ソマセプト」、「ソマレゾン」を試す機会を得ました。
長谷川先生は機械工学の専門家ですが、鍼灸師でもあります。
自律神経反射の研究で世界的な権威でもある故・佐藤昭夫博士の「鍼は刺さなくても痛みが緩和できる」という言葉に啓発されて、「刺さない鍼」の研究をされてきたようです。

こうして制作されたのが「ソマセプト」、「ソマレゾン」で「セルフケア支援ツール」として開発されたもののようですが、治療に応用すればとても頼もしいツールとして有用性も高いように思います。
sansetu先生のブログでも紹介されておりましたので、それを参考にしながら使ってみました。

1人は、腰痛で寝起きに1時間ほどかかるという患者さんでした。
右腰腸肋筋のL4-L5領域の外側部に圧痛点があり、この筋自体が過緊張状態にありました。
その圧痛点に「ソマセプト」を添付しました。ほんの5~6分後には過緊張した腰腸肋筋が緩んでいました。側臥位から立ち上がらせましたが、ゆっくり立ち上がることができました。
その後、座位-立位の反復運動をさせましたが、随分楽に動けます。歩行もスムーズです。

もう1人は、左殿部から大転子部、そして大腿後外側部に痛みがあり跛行します。
左下肢への過重負荷で、痛みが増強します。
治療後は、過重負荷で5割程度の軽減です。私としては不満足な結果です。
そこで「ソマセプト」を添付して変化を見ることにしました。
過重で痛みを感じる部位はPSIS周辺のようです。最も圧痛のあったポイントに添付しました。
歩行させると痛みが軽減し、別のポイントに痛みが強調されました。大殿筋起始部の中ほどでしょうか。そこにもう1つ「ソマセプト」を添付しました。
再び歩かせると、跛行せずに歩けます。
左加重負荷でも、8割方痛みが軽減している、と言います。

持久性については更に検証が必要ですが、その場での痛みの変化は顕著です。
痛みの個所や圧痛に用いて痛みをモニターしながら使えるので、鍼灸師でない私にも原理の応用ができるツールという印象を持ちました。
刺激となる突起部は376本のマイクロコーンが使われており、柔らかい微小突起ですので刺激感もありません。

生理学的な基礎研究も行われているようです。
“European Journal of Pain”
“Gentle mechanical skin stimulation inhibits the somatocardiac sympathetic C-reflex elicited by excitation of unmyelinated C-afferent fibers.”
[PR]
by m_chiro | 2011-01-31 17:57 | 症例 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/15847798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-01-31 19:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by シャルル at 2011-01-31 21:27 x
刺さない鍼は、便利なツールですね。はがした後の本体部分を何かに使えないかなーと思っています。
今は、薬疹が出て全身の皮膚が過敏状態なのでお休みしていますが^^;
Commented by m_chiro at 2011-02-02 09:03
シャルルさん、私もあの台座、捨てるのはもったいなくて、組み立ててみたり遊んでみましたが、ホントに利用価値が無いものかと思っていました。
薬疹、大変でしたね。お大事に。。。
Commented by m_chiro at 2011-02-03 15:39
鍵コメ様、難問ですね。。。。。
Commented by 橋本 at 2011-02-10 08:11 x
いつもブログ拝見させていただいております。
現在カイロプラクターとして施術にあたっております。
その中で、鍼灸師が使っている置き針に興味を持っていたところ、守屋先生のブログでソマセプトの存在を知りました。早速購入し、家人に試したところかなりの効果がありました。具体的には母親の立ち上がり時の膝痛が5分ほどのタッピングで、気にならない程度に減少いたしました。
このように効果的で安全性が高い器具をご紹介いただけましたこと感謝申し上げます。
Commented by m_chiro at 2011-02-10 13:08
橋本先生はじめまして。
ソマセプト、効果的に使えてよかったですね。
治療と組み合わせても、患者さんのセルフケアの支援ツールとしても有り難いツールだと感じています。
<< 微細な皮膚刺激に、どうして鎮痛... 歩道には石垣ならぬ雪垣が。。。。 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索