「痛み学」NOTE36. 筋の攣縮は痛みの悪循環の基になりやすい
「痛み学・NOTE」は、日々の臨床で痛みと向き合っている医師や日本を代表する研究者の著作あるいはホームページを通して学んだり考えたりしたことを、私の「学習ノート」としてまとめ、書き綴るものです。

36. 筋の攣縮は痛みの悪循環の基になりやすい

筋肉の緊張による痛みは、多くの人が経験しているだろう。ありふれた痛みである。
筋緊張が更に高まると攣縮(spasm)となる。
侵害受容性疼痛には、必ずつきまとう現象である。

その仕組みを次のように説明できる。
侵害受容性疼痛には2つのルートがあって、一つは筋肉とその他の組織の傷害や病変によって脊髄反射性の攣縮が起こるルートである。
もう一つは、脳の不安情動系が心理的・情動的緊張や持続的ストレスによって作動し、交感神経が緊張する。
あるいは副腎が刺激されることで血管が収縮する。
いずれもが血管の収縮に関与し、この事態は筋肉組織の虚血状態となって酸欠がもたらされる。
酸欠は筋組織の危機状態である。そこで攣縮が起こる。攣縮が更に血流を阻害する。

こうした筋組織の変化は、必ずしも明らかな損傷だけによるものではない。
さまざまな要因で起こり得る。
心理・情動的な問題から修飾された痛みルートもあれば、筋のオーバーユースでも起こる。
または、外部環境の変化、例えば冷気などにも反応するだろう。
これらが脊髄への求心性入力の異常な増加となり、脊髄反射が遠心性の異常なインパルスとなって、筋の過緊張がつくられることになる。

この痛みとスパズムのメカニズムは「悪循環パターン」を作りやすく、このサイクルには持続性がある。したがって、この悪循環パターンを断ち切るためには、どうしても外部からの介入が必要とされるのである。

こうした虚血性の攣縮をリリースすることで、何がもたらされるのだろう。
先ずは、局所の血管が拡張されることで疲労物質や痛み物質などの排泄を促進することが出来る。
次に、エンドルフィンが放出されて鎮痛機序が働きだす。
また、筋の過緊張がもたらす異常な反射を抑制することができる。
そして、筋のトーンが正常に回復し筋機能が正常に作用する。
代償性の姿勢変化を改善することも可能だろう。
まだある。体性―内臓反射を正常化できるし、関連痛をも軽減できる。

カイロプイラクターは、患者の症状を脊椎や関節のミスアライメントに根拠を求めるが、それは筋の異常な過緊張に先立つものではない。
こうした後発性の影響を考えると、筋の攣縮には早めに手を打つ必要がありそうだ。
[PR]
by m_chiro | 2010-12-22 13:57 | 痛み学NOTE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/15648104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「痛み学」NOTE37. 痛み... 末梢神経幹の圧迫痛は、あり得るのか? >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索