ある老婦人が作った花瓶
開業当初からご愛顧いただいている患者さんがいる。
私の開業の歴史と共に年を重ね、年齢も老いた。もちろん私も、であるが...。
そんな患者さんの中に、1人暮らしの老婦人がいる。
今年は84歳になったそうだ。
何か身体に異変が起こると、いつも、先ずは私のところに相談にみえる。

今年の初夏の頃だったろうか、その老婦人宅から突然電話が入った。
友人が彼女の家を訪ねたら、めまいで動けない状態になっていて私の治療室へ電話してくれ、と頼まれたのだそうだ。
動けないので往診してもらうわけにはいかないだろうか、尋ねてほしいということだったようだ。

よくよく状況を聞くと、突然、落下発作のように倒れて頭を強打したようである。
嘔吐もしたらしい。
救急車を呼んで、聞き及んでいた主冶医のいる病院に行くように説得した。
幸い頭部には異常がなかったが、出血性の胃潰瘍が見つかって胃腸科外科のある病院に転医させられた。貧血で倒れたようである。

しばらく入院して元気になった。
それでも気弱になって、老い先も長くないだろう、と考えるようになったらしい。
昨日、また突然治療室にみえた。
大きな荷物を抱えて、「私もそんなに長くないだろうから、形見だと思って受け取ってもらいたい」と言う。

荷物を開くと2つの花瓶が出てきた。
14年間、カルチャーセンターの陶芸教室に通って自分が作ったものだと言う。
陶芸をしていたとは初耳で、驚きだった。
デザインも模様も素朴で、なかなか味わい深い作品である。
その場で、家内が庭のローズヒップの赤い実の付いた枝とサザンカの蕾の枝を切って来て、その花瓶に活けた。それを受付のカウンターに飾って写真に収めた。

c0113928_11495575.jpg
老婦人も「よかった~、よかった!」と喜んでくれたが、もう粘土を捏ねる力もなくなったので陶芸もやめたのだそうだ。

老いは、こうして身の回りの活動を縮めて行くのだろう。

藤沢周平が、年と共に身辺を整理していって、最後はいつの間にか跡形もなく消えてしまったような死を迎えたい、というような事を書いていた。

身辺整理はともかく、活動の幅はできるだけ縮めることがないように、せめて「活き活きと生きる」お手伝いをさせてもらおう。

花が差されて生き返った花瓶を見つめながら、そう思った。
[PR]
by m_chiro | 2010-11-19 11:52 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/15479631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マニピュレーションを正しく教育... 就寝中に、寝返りで左大腿部に痛... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索