視覚系は身体情報の窓かも....
私が本格的に視覚情報を治療に取り入れるようになったきっかけは、AKの「PRTYテクニック」を知った頃からのように思う。
2008年に、科学新聞社からDavid S Walther,D.C.の著作「Applied Kinesiology SYNOPSIS」が栗原修D.C.の翻訳で刊行された。550頁もある大部の著作で、2008年には100頁以上も増補されて第2版が刊行されている。この本は、AK(アプライド・キネシオロジー;応用運動学)の理論とテクニカルの概論について余すところなく伝えておりAKを使う治療家には必携である。この本の中で、「PRYTテクニック」が紹介されている。
PRYTは、頸部と骨盤部の固有受容器の不適切な機能を検査・調整する方法である。

 “PRTY”という言葉は、ピッチ(Pitch)、ロール(Roll)、ヨー(Yaw)、そしてティルト(Tilt)から由来する。ピッチ、ロール、ヨーは航海員や航空員が前方への動きに対する船舶や航空機の位置を示すために使用する言葉である。(前掲書第2版228頁)

と説明されているように、PRTYは身体の3次元分析とその統合に基づいている。
私も著書に倣ってよくこのチェックと調整を行っていたが、あるとき眼球運動と頭位の門題が主な機能障害の元になっているのではないかと気づいた。

それが神経学的に正しかったのかどうかは分からない。が、運動認知の手法で眼球の動きと頚反射を修正すると、頭位の傾きにとてもよく反応した。あくまでも印象的にではあるが、治療効果にも好影響を与えているように思う。以来、その模索を行ってきた。

この9月の学会で特別講演をいただいた住谷昌彦先生が、CRPSの患者さんに視覚情報を用いて脳と身体感覚の統合する方法の取り組みをご紹介いただいた。この講演に意を強くさせられ、私の視覚情報への関心も更に増したのである。神経学の基礎的な知識が不足しているので一筋縄ではいかないが、先に楽しみがあることが何よりいい。

ついこの間、興味深い症状の患者さんがみえた。何か身体に異変があると当院をご利用いただいている御婦人である。
朝目覚めて、何気なく右を向いて障子戸の方を見たら、桟がグニャリと歪んで見えたと言う。
驚いて顔を正面に向け、天上の升目を見たが何ともない。
また、右を向いたら、やはり歪む。左を向くのは大丈夫である。
何事が起ったのかと、眼科を受診した。眼球の筋肉が弱くなって垂れ下がったか、網膜剥離かもしれないと言われ、明日、瞳孔を開いて検査しようということになった。

明日検査と言われ、「網膜剥離であれば手術」となる。とても不安なので、せめて「目の筋肉が垂れ下がっているか見てほしい」と言うのである。

眼球運動がスムーズに動くように調整したが、右方向での画像のぶれに変化はない。
右眼を閉じて右に頭位を変えても像はぶれないから、右眼球に何らかの異常が生じたのだろう。網膜剥離とも思えないが.....?

カルテをみると、この患者さんは5年前にも右眼の異常を訴えていた。確か息子さんが大変な病気になり、それはそれは心配して心労を抱えていた時だった。
眼科を受診して「水が溜まっている」とされたのだった。
今回も何か心労が無かったのかと尋ねると、やはり今回も息子さんの別件の入院騒動で心配したらしい。
それも一段落したところだった。


昨日、検査をした結果報告の電話があった。「右の黒目の外半分が腫れている」と言われ、しばらく様子を見ることになったようだ。
それでも前日の治療後から、「歪みが随分小さくなった」とも話していた。

この患者さんの心労と右眼の異常が、どう関係しているのかは分からない。
でも、まんざら関係が無いとも言えないようでもある。
眼は脳の出先でもある。視覚情報はいろんなことを知る窓かもしれない。
[PR]
by m_chiro | 2010-09-23 11:33 | 症例 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/15169897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 痛みの誘因を見逃せない 左足底の運動痛は腓腹筋のTPだった >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索