「熊澤孝朗先生・追悼セレモニー」(第12回カイロ学会より)
「日本カイロプラクティック徒手医学会」の大会2日目、午前の部の最初のセッションは「熊澤孝朗先生・追悼セレモニー」が行われました。

熊澤先生からは、今学会に大変心強いご支援を頂いてきました。

その熊澤先生がこの7月26日に急逝されたのです。

福岡学会を目前にして、われわれ実行委員会では「熊澤先生に良い結果報告をしたい」と思っていた矢先の出来事でした。

実行委員会でも、ただ驚きで呆然自失と言ったところでした。

そこで、予定のプログラムを少し変更して時間を取り、私が熊澤先生と今大会との関わりや経緯をエピソード交じりに紹介し、参加者と共に熊澤先生を偲ぶひとときを過ごしました。

経緯を辿りながら紹介している内に、様々なことが思い出されて声が詰まってしまいました。
熊澤先生の御支援がなければ、われわれの当初の企画を全うすることができませんでした。
ただただ感謝のほかありません。

c0113928_15521247.jpg

2002年、愛知医科大学に「痛み学・講座」を開講された頃の熊澤孝朗先生。
「サイエンスだから分かりやすくなければならない」を信念に、痛みの科学に大きな足跡を残された。
私も多くの学びを頂きました。
「痛みの治療は痛みを知ることからはじまる」ということを忘れずに、微力を尽くしたいと思います。
心からの感謝と哀悼の意を込めて、ご冥福を祈ります。


尚、熊澤先生の最後の原稿となったインタビュー記事は「日本カイロプラクティック徒手医学会」のHPにアップされています。
是非、熊澤先生の最後のメッセージを噛みしめながら、多くの人にお読みいただきたく思います。
今学会で基調講演を行いました吉村恵先生にも、「構成と内容ともに、とても良くまとめられた原稿」と評価していただきました。
この原稿の制作に係れたことを誇りに思っております。


[PR]
by m_chiro | 2010-09-14 17:02 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/15121546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 信じがたい話だが... 住谷昌彦先生の「CRPSに対す... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索