「痛み学」NOTE34. 頻発する「こむら返り」
「痛み学・NOTE」は、日々の臨床で痛みと向き合っている医師や日本を代表する研究者の著作あるいはホームページを通して学んだり考えたりしたことを、私の「学習ノート」としてまとめ、書き綴るものです。

34. 頻発する「こむら返り」

通称「こむら返り」と称される痛みは、「有痛性痙攣;cramp」の病態である。痙攣と共に強烈な痛みが起こり、ほとんどは一過性に終わる。

「こむらがえり」とは方言由来の言葉である。多くは腓(こむら;腓腹筋)に起こることから通称されるようなったようだ。要するに、骨格筋に起こる筋痙攣である。

局所の筋線維が膨隆して強烈に痛み、しばし動けなくなる。何らかの機械的刺激が筋線維の一部を強く収縮させたもので、大抵は一側性に発症する。

一般的には、運動や過酷な労働で関節部や筋肉が酷使された時などによく起こる。
睡眠中に起こることもあるが、これも原因は神経ではなく筋肉由来のものとされている。
下位運動ニューロンの終末部での自発性興奮が引き金となって、痙攣痛が起こるのである。

大量に汗をかいた後、下痢症状後や利尿剤の服用あるいは透析などによる脱水、体液の急激な喪出によっても誘発されることがあり、これはCaとMgの電解質代謝異常に起因するとも言われている。
それでも、健常な人にも起こるので、明確には原因を特定できない痛みを伴った筋痙攣である。

一過性で深刻なものではないのだが、それが頻発するようになると重篤な問題が潜んでいることもあり、鑑別による除外が肝要とされる。
頻発する場合は心しておかなければならない痛みでもある。

例えば下位運動ニューロンの障害としては、筋委縮性脊索硬化症、多発性ニューロパシー、陳旧性ポリオ、ラジクロパシーなどがあげらる。これらは大きな筋肉の線維束攣縮(fasciculation)で、運動に関連した中間の痙攣である筋性防御によるものとみられている。

代謝障害によるものでは、 妊娠 尿毒症 甲状腺機能低下症、副腎機能低下症腎不全、下肢静脈瘤などがあげられている。

例えば、こんな患者さんがみえた。
数年前からの慢性的な腰痛があって、椎間板ヘルニアと診断されている。牽引と鎮痛薬、湿布剤を処方されていたが、今度は首の具合が悪くなった。いつもの整形外科医院で診察を受け、X-rayで首の老化を指摘された。いつもの処方に加えて筋緩和剤が出された。2年前からは、内科医に尿酸値を抑える処方も受けている。老後のゴルフを何よりの楽しみにしていて、多少の腰痛があってもゴルフを楽しんでいた。ところが、頸の痛みが出た2か月前から、ゴルフもできなくなって悪化する一方だった。

両腕と両大腿前部の痛みで動作痛がある。寛解因子は安静位である。運動の始動が増悪因子で、立ち上がり動作、寝返り動作、歩行など、どうしても緩慢な動きがみられる。動き始めると、どうにか動けるが、痛みが無くなるわけではない。特に、両腕、両大腿前部と両側性に対称性の痛みを訴えている。

最初の治療直後の結果でも、思ったような改善は見られない。2度目の来院時にも変化はみられなかった。

「こむら返りは起きない?」と聞くと、「たびたび起こる」と言うので生化学検査を勧めることにした。紹介した神経内科で50項目の生化学検査を行ったところ、19項目に陽性所見があった。
特に重要な検査所見はCRP値で、正常値の10倍高かった。神経内科医の診断は「リューマチ性筋炎」である。

さて、この患者さんの頻発する「こむら返り」は何だろう。おそらく、筋炎や代謝障害による線維束攣縮(fasciculation)に関連した中間の痙攣で、筋性防御が働いていたものではないかと推測できる。
こうした「こむら返り」の所見から、病態を推測できることもある。
[PR]
by m_chiro | 2010-07-12 22:48 | 痛み学NOTE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/14761369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊澤孝朗先生へのインタビュー これ何の花? >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索