今年の「酒田まつり」はあいにくの霧雨
c0113928_23474686.jpg c0113928_23481166.jpg
1609年(慶長14年)から日枝神社の例祭としてはじまった山王祭りが、一度も欠かすことなく400年も続けられてきました。


1976年の酒田大火の後の復興を機に「酒田まつり」と名称も変わりましたが、今年のお祭りは昨日からの生憎の雨模様です。


それでも本祭りの山車行列には霧雨に変わっていました。

長い冬が終わり、田植えも終えて、東北の本格的な春を喜ぶように多くの人で賑わいます。

19日の前夜祭では巨大山鉾に灯がともりました。
とてもきれいで、ダイナミックです。









本祭りの今日(20日)は、霧雨が降ったり止んだりでした。
行列が始まる前に、酒田のシンボル獅子頭はスタート地点の市役所前に勢揃いです。
c0113928_2349925.jpg

スタート前に市役所前で待機中の大獅子
c0113928_23501939.jpg

c0113928_23504234.jpg

「健やかに育て」と子供を大獅子の口に入れてパックン祈願に。
順番待ちで祈願してもらうのもスタート前の光景です。

いよいよスタートです。
c0113928_23511817.jpg

20日の本祭りは午後1時から、酒田のシンボルである大獅子が市役所前をスタート。
c0113928_23515522.jpg

c0113928_091460.jpg

目抜き通りを山鉾と獅子頭に続いて山車行列、市内の小学校の干支(寅)の山車などなどが続きました。
c0113928_23522886.jpg

子供たちの寅の山車は、制作した小学生たちが引きます。
c0113928_23525357.jpg

こんな面白い獅子舞も山車になりました。

祭りは明日(21日)まで続きます。
酒田の春の一大イベントです。一日中、人の波が途絶えません。
親子連れや学生たちが、屋台店が立ち並ぶ通りにあふれていました。
[PR]
by m_chiro | 2010-05-21 00:06 | 庄内の記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/14422195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 膜の話② 「膜の話」はニモD.... 今年の黄花君子蘭 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索