桜を求めて角館(秋田県)へ ①桧木内川堤の桜並木遊歩道
① 角館・桧木内川堤の桜並木遊歩道

東北にも桜の名所がいくつもあるが、秋田県の内陸部にある角館町も人気のスポットである。
角館町には武家屋敷が今に残されていて、時代劇の撮影やら、特に春は武家屋敷の枝垂れ桜で、秋には紅葉、冬は雪景色と四季折々に人気がある。

今年は春の訪れが遅れたせいで、その角館の枝垂れ桜は10日ほど遅れているとか。
この連休が見頃だという。

角館までは、高速道路を使って2時間弱の道程である。
それでなくても桜の時期は混み合う。何しろ桜見物の車まで渋滞が出来るのである。
渋滞時間を避けて、早朝6時に家を出て角館をめざした。

角館に着いたのが8時過ぎ頃だったが、辺りには春霞がフィルターをかけたように霞んでいた。
どうにか桧木内川堤・桜並木遊歩道の端っこにある駐車場を確保することができた。
車を預けて、古城橋を渡って桜並木遊歩道に出る。長い長い遊歩道を桜を眺めながら武家屋敷に向かった。
c0113928_10461617.jpg

古城橋を渡り桜並木遊歩道からの景観。小山に芽吹きを待つ木々が毛並みのように整列していて面白い景観である。


c0113928_10542486.jpg

遊歩道の途中に、藁ぶき屋根の茶店があり、軒先にポップコーンの袋がぶら下げられていた。こんな光景もなかなかお目にかかれない。


c0113928_10481593.jpg

ちょっとの間に、陽ざしと共に人の出も随分多くなった。遊歩道にはすでに多くの花見客が出ていた。
もう、ぶつかり合うくらいの人が並木の通りにあふれていた。


c0113928_10484865.jpg

河川敷では、シートを引いて憩いのスペースを確保している家族連れが目立っていた。


c0113928_10491339.jpg

桜の古木は堤の下方に枝を下げて、また道行く人を楽しませている。

[PR]
by m_chiro | 2010-05-05 10:58 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/14312387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 桜を求めて角館へ ②武家屋敷の... 連休のお知らせ >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索