やっと桜が7分咲き(鶴岡公園の桜を見に行く)
庄内平野を流れる最上川を挟んで、酒田市と鶴岡市がツイン・シティのように成り立っている。
酒田は北前船で商業の町として栄え、本間様という大地主が殿様よりも権勢をふるった。
一方、鶴岡は城下町である。今では、その城跡が鶴岡公園として市民の憩いの場になっている。
藤沢周平の作品に登場する海坂藩は、この鶴岡城を中心にした庄内藩を想定したものである。
藤沢周平の小説は、城下の下級武士や市井の人々の生き方が美しく描かれていて、私の大好きな愛読書である。ほとんど全作品を読んだ。

さて、この頃は春が来たように思うと、また冬に逆戻りで、桜もなかなか開花しない。
昨日は気温もぐんと上がって、一気に桜が花開いた。
それでも海辺や川沿いの桜は、未だ3分咲きである。

そんな中で、早々と開花宣言を出したのが鶴岡公園の桜だった。
が、今日はまた気温10度を下回り、寒い風である。明日からまた寒くなるらしい。
そんなわけで、冬支度で鶴岡公園の桜見物にでかけた。
お濠跡の周囲にぐるりと桜が咲いていて、鶴岡城下の人々もお堀端を歩きながら桜見物を楽しんだことだろう。そんな想いが脳裏をよぎる。
c0113928_2345689.jpg

c0113928_23453062.jpg

c0113928_2352934.jpg

藤沢作品「花のあと」の映画ロケも公園内で撮影された。
c0113928_23454980.jpg

公園内には「藤沢周平記念館」も建設され、4月29日の開館を控えて準備中だった。
c0113928_23463280.jpg

明治14年に建てられた旧鶴岡警察署。
昭和32年に鶴岡公園脇のお濠の外に移築された。国の重要文化財に指定されている。
c0113928_23472646.jpg

これは大寶館(旧鶴岡市立図書館)で、公園の入り口にある。
大正天皇の即位を記念して建てられた。 物産陳列場、図書館、会議室等として使用されていたが、昭和26年から昭和60年まで市立図書館として利用された。 現在は郷土人物資料館となっている。
c0113928_23475620.jpg

外堀からみると、こんな感じ。
c0113928_23484244.jpg

公園の向かい側には庄内藩校「致道館」がある。
立て看板には、こんな解説が書かれている。
c0113928_2349947.jpg

c0113928_23493490.jpg

藩校内の桜が塀越しに大木の姿を覗かせている。
庄内藩士も学びの合間に楽しんだ桜だろう。
c0113928_23495581.jpg

[PR]
by m_chiro | 2010-04-21 23:53 | 庄内の記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/14221117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 脳が勘違いする痛み 「痛み学・NOTE」33. 筋... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索