身体という宇宙② からだは交響楽である 2.変調
        THE BODY AS COSMOS
            身体という宇宙②

          からだは交響楽である。

2.変調 Change of Conditions

c0113928_2303694.jpg音は、高さ、長さ、強さ、音色の四つの基本的な属性によって特定の音が規定されますが、その音から音楽を形成する には、一般的にリズム、旋律、和声の3要素が必要と言われます。

そして、その3要素の中でも、旋律を持たない音楽や、和声を持たない音楽はあり得ても、リズムを持たない音楽は考 えられないように、リズムこそが音楽の生命なのです。また、周期的に変動する身体の状態や現象を表す言葉として、「バイオリズム」という言葉があるよう に、音楽を超えた、より根源的な生命と直接かかわりを持つ力でもある。

しかし、規則正しいリズムやメロディーのみが音楽ではありません。シンコペイトされたリズムは千変万化のおもしろ さを表現しますし、モーツアルトの音楽の美しさはテーマが突然に変調するところにあると言う人がいるほどです。では、人間の身体にとってリズムに変調 をきたすということは、どんな状態を言うのでしょうか。

神経は、人間のあらゆる働きをコントロールする上で大切な役目を担っています。例えば、人が歩く時、足は交互 に前に出て身体を前進させていますが、右足と左足が先を争って出ようとしたなら、歩くことなど、おぼつかないことになるでしょう。

この時、右足と左足がお互いに話し合って、どちらが先かを決定するわけではありません。それを決めるのは人体の 総司令部である「脳」であり、脳の決議をそれぞれの足に伝えるのが、身体にはりめぐらされた情報ネットワークとしての「神経」であります。

この神経の通信網を微弱な電気エネルギーが身体の情報を運んで、時速400kmの超スピードで駆け巡っているの ですが、もし神経がなければわれわれはチグハグな行動を取ってしまうことになります。この通信網がスムーズに連絡することができなくなると、情報も滞 り、人間の身体は健全に機能することができなくなってしまうわけです。

これは病気やケガの場合でも同じで、もし転んですり傷ができると、その部分にばい菌という外敵が侵入しますが、そ の時、神経は超スピードで脳に「膝をすりむいた」と報告します。そして身の危険を察知した脳は、負傷した膝に白血球をたくさん集め、ばい菌と戦わせるの です。もちろん、こうした指令は神経によって全身に伝えられます。こうして、身体に起こった変化は神経を介して伝達され、防衛策もまた神経を介して指令 されるわけです。

こうした神経による身体の情報網は、内臓も含めて全ての身体の活動を支配しているのですが、神経を意識的に操作す ることはできないため、神経は寝ている間も休みなく働き、身体の内部環境に異常がないか、いつもパトロールを怠ることができません。

カイロプラクティック的にみれば、関節とその周辺の組織に発生したカイロプラクティック・サブラクセーションが、 神経系を介して全身にシグナルを送るということになります。人間の身体が有機的に結びついた存在だからこそ、身体に現われるそれぞれの症状は身体からの 警告シグナルだと言えるでしょう。

こうした、もの言わぬ身体の叫びとしての様々な症状は、神経の通信システムを通して様々な身体の不定な愁訴として現われてくるのです。

脳から出た神経は、すぐに背骨の中に入りますが、もしも背骨にトラブルが生じると、神経のネットワークにも混乱が起こり、身体の色々な組織や各臓器に機能 的な障害が起こってきます。そうなると、身体の修復作業も困難になります。こうして、身体はますます本来のリズムを崩してしまうことになります。

カイロプラクティックは、こうした神経の作用に注目しながら、身体に起こったシグナルを読み取り、身体の内部環境 の調整に協力していく治療でもあります。その意味では、生命のダイナミズムとしてのリズム変化は認めるものの、大方は基調を設定する調律師といったところ でしょうか。
(転載を禁じます)
[PR]
by m_chiro | 2010-04-13 23:11 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/14164364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 臨時休診のお知らせ 身体という宇宙② からだは交響... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索