小山なつ先生の「痛みと鎮痛の基礎知識・上下巻」
c0113928_1541139.jpg
c0113928_1544163.jpg

WEB上に「Pain Relief;;痛みと鎮痛の基礎知識」(http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/index.html)というテーマで、ご自身の研究と備忘ノートとして公開されている小山なつ先生が、関連の本を出版された。
技術評論社の「知りたいサイエンス」シリーズに、上下2巻の分冊刊行である。

私も小山なつ先生のWEBサイトでは、随分とお世話になり勉強させていただいた。
少なくとも痛みにかかわっている人には必見のサイトである。

小山なつ先生は動物生態学の研究からスタートし、滋賀医科大学で故・横田敏勝教授の生理学教室で痛みの生理学的研究に着手され、現在は滋賀医科大学医学部で教鞭を執られている。

新刊本は、上巻には「基礎編」として痛みの神経科学や分子生物学に基づいて、痛みの生理学をとても分かりやすく解説されている。

下巻は「臨床編」で、多様な痛み症状について網羅し、その治療法についても具体的な紹介がされている。

更に専門的な勉強をする上での最適なガイドブックになるだろう。

いろいろな治療法や痛みの発達史にかかわるエピソードも紹介されていて、読み物的に知ることが出来るのもうれしい。

著者の小山先生は、「あとがき」で次のように痛みの研究者としての真摯な言葉を述べている。

このような基礎から臨床まで含めた痛みに関する本をまとめることは、無謀な挑戦だったように思います。以前から「痛みは」難解なものであると思っていましたが、学んでも学んでも、痛みについて知らない部分が増えていくばかりでした。ここ数年でメカニズムが解明された痛みの側面もありますが、まだまだ未解明な面が山のように残っているのが現状でしょう。


広く多くの人に読んでもらいたい本である。
痛みが、もっと身近な知識になること請け合いである。
[PR]
by m_chiro | 2010-03-07 02:00 | Books | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/13889336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うるう at 2010-03-11 22:54 x
いつも勉強をさせていただいて有難うございます。
先日は貴重な御本を頂きまして、大切に活用させていただきます。
先日頂きました学会の小冊子とリ・ボーンが貴重なサイン入りだということを、
A先生にお話ししたところ、すんごい欲しそうでした。
Commented by m_chiro at 2010-03-15 11:05
うるう先生、中古本ですが役立ちそうでしたらうれしく思います。
眼反射はとても興味深いところですね。
いろいろ応用できそうです。
いい仕事に期待しております。
Commented by ふじおか at 2010-04-19 09:32 x
昨日、馬場先生のセミナーで守屋先生のブログと小山なつ先生の本を紹介していただきき、ここを訪れました。小山先生の本、さっそく購入します。また、このブログでも勉強させていただこうと思っています。よろしくお願いいたします。
Commented by m_chiro at 2010-04-21 12:20
ふじおか先生、こちらこそよろしくお願いいたします。
私の記事は自分の学習ノートとして書いていますので、間違いなどがあったらご指摘ください。
小山先生の本はとてもいい入門書だと思います。
お勧めです。
<< 緊張性頚反射/伸展障害の症例 庄内ひな街道(2月下旬~4月上旬) >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索