真央ちゃんの偉業
バンクーバー・オリンピックの女子フィギュアの競技を、ハラハラ・ドキドキしながら観戦した。
今シーズンの真央ちゃんのジャンプが気になってならなかったからである。
ジャンプ時の踏み込みで、目線が左直下に流れて頭位がやや前屈状態になっていたり、逆に意識して目線を上げるのか後屈位だったりで、頭の軸が体軸との一直線上での回転になっていなかった。
これでは回転にロスができるだろうなぁ~、と思いながら気が気ではなかった。
成績も本来のものではなかった。

一流のアスリートは、どのようにしてこのコンデションを立て直すのだろう? そんな関心もあって、動画やニュースに流れる練習などにも注目していた。
そんな心配をよそに、ライバルのキム・ヨナ選手は絶好調と聞こえてくる。

そんなわけで、真央ちゃんがバンクバー入りし練習のニュースが流れると食い入るように見ていた。
さすがにしっかり修正されていて、一流のアスリートの調整ぶりに感激させられた。
関係者の説明によると、ジャンプの踏み込み時に身体を左回転させながら跳んでいたのを修正した、と話していた。
なるほど、と頷ける。それで目線が定まらず頭位が安定しなかったのだ。

ともあれ、本番ではSPでもフリーでも「トリプル・アクセル」を見事に跳んだ。
フリーで氷に足を取られバランスを崩すアクシデントがあってミスはあったものの、立派な演技だった。
それでも、本人は納得の演技をしたかったのだろう。悔し涙にくれていたが、銀メダルという立派な成績だった。
女子フィギュアでは、五輪史上初のショートとフリーで2回の「トリプル・アクセル」の成功だった。公式大会のひと試合で、合計3回のアクセルの成功はオリンピック史上に足跡を残すものである。

トリプル・アクセルの先駆者は、やはり日本の伊藤みどりである。
彼女は、1992年のアルベールビル・オリンピックでトリプ・アクセルに挑戦したものの、SPで失敗し、フリーでは最初のジャンプに失敗し、体力的には無理とされた後半での挑戦で初めて成功させて銀メダルに輝いた。
それを思うと、真央ちゃんの3回の成功はまさに偉業である。堂々と先輩の偉業を継承し、発展させて見せた。

以前、女子フィギュアで2大会連続の金メダルを獲得したカタリナ・ヴィットは、注目されるジャンプについて、「観客はゴム鞠が跳ねるのを見に来ているわけではない」と牽制したことがあった。

このことから「フィギュアスケートは、芸術かスポーツか」という論争が生まれるようになり、オリンピックでの採点基準も、ジャンプの採点をめぐって評価は一様ではない。

バンクバー大会でも男子フィギュアのプルシェンコが、4回転ジャンプを成功させながら銀メダルに終わった。
彼は、「もし五輪の王者が4回転の跳び方を知らないなら、もはやフィギュアではなくただのダンスだ」、「それは進歩ではなく後退だ」と参加選手を刺激していた。

ともかく真央ちゃんの懸命な挑戦にも、見事な演技にも感動した。
トリプル・アクセルを回避する選択も、曲目の「鐘」も、衣装のカラーも、オリンピックの採点基準や空気を考慮して変えようという話が出たらしい。
が、真央ちゃんはそれらの意見をすべて退けて、アスリートとして、またアーテストとして、自らの信念と誇りをかけて挑んだ演技だったと聞く。本当に感動的だった。

悔し涙から一夜明けて、真央ちゃんは「銀メダルは、次へのステップ」と、また前を向いた。
真央ちゃん、あなたはとても素晴らしい。
あなたの銀メダルは、金色の輝きです。
[PR]
by m_chiro | 2010-02-28 01:08 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/13835269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 痛みの歴史① アイスマンと痛みの痕跡 「何もわからないことは、すばら... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索