患者さんの方がよく分かっていた
40代女性が左下肢を引きずって来院した。
昨日、園芸の仕事中に左殿部にビリッと電気が走ったようになり、左殿部から下肢の後面がビリビリするような痛みで歩行が困難になった。
会社を休まざるを得ない、ということで、会社に出す診断書を書いてもらうために整形外科医院を受診した。

X-Rayでの結果、「腰椎椎間板症」と診断された。
そして「椎間板ヘルニア」の疑いがあるのでMRIを撮るように、と病院に予約を入れられた。
予約は2週間後だそうだ。それまで仕事を休んで安静にしなさい、と指示される。

治療は神経根ブロックを受けた。しばらく臥位で休息後に立ち上がったが、全く効果がなかった。
それでは、「局麻もしておきましょう」と言うことで、一番痛いところはどこかと聞かれた。
殿部の痛む場所を示すと、2か所に注射をしてくれた。
これは神経根ブロックよりも少し楽になったが、それでも足を引きずらないと歩けない。

「私はヘルニアではなくて、ぎっくり腰じゃないのだろうか? だからブロック注射が効かないんだ!」と、この患者さんは思ったらしい。
「これって、ぎっくり腰じゃないんですか?」
「腰がギクッとなったの?」と聞き返したら、「いや、お尻がギクッとなった」。
「じゃ、ぎっくり尻じゃないの」と笑ったら、「そんなのあるんですか?」と言って、また大笑いになった。

左殿筋の深部が筋スパズムのように硬くなっている。中殿筋? 小殿筋かな?
骨盤から下部肋骨の機能系を安定させて、右の橈骨周辺を触診すると、橈骨手根関節の固着があり可動させると痛がった。
「今、球根を植えているので、手首が気になっていたんです」と言う。
肺経(LU)の8に圧痛が顕著で、このポイントを押圧して左下肢を動かしてもらうと「随分、楽に動く」。

そこで小殿筋の固縮した部位をカウンターストレインでリリースしてから、再び右の橈骨手根関節と肘関節を調節する。
更にLU8をポイントにして左下肢の運動と連動させる。
かなり動きやすくなった。
歩かせると、何とか脚をあげて歩行できるようになった。

「やっぱり、ヘルニアじゃなかったね。おかしいと思ったんだ」。
整形では何でも骨・関節に痛みの原因を求めたがる。患者さんの方がよく分かっていた。
[PR]
by m_chiro | 2010-01-27 00:24 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/13584038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 声楽家・砂川直子(ソプラノ)さ... 砂川直子さんの喜ばしい快挙! >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索