日本人は健康への不安感が強い?
読売新聞(2010年1月19日)の「展望2010」の記事・「健康世界一を自信に」と題する論説が掲載されていた。著者は読売の医療情報部長・田中秀一氏である。
こんなデータが紹介されていた。
2009年の経済協力開発機構(OECD)のデータによると、日本人の平均寿命は82.6歳(男性79.2歳、女性86.0歳)で、加盟30か国で最も長い。欧米に多い心筋梗塞による死亡率は最も低い。介護を必要とせず自立した生活ができる期間を示す「健康寿命」は75歳で、世界一。単に長生きなのではなく、健康で長寿なのだ。

ところが、このデータを裏付ける「健康状態は良い」と実感している成人の割合は下図のグラフのように30か国中で最低の33%だという結果である。
諸外国と比べても半分以下で、その不安度は顕著である。
健康労働省の調査でも「健康に不安がある」と答えた人は68%に及んでいるそうだ。
健康なのに、なぜ自信を持てないのか、と記事は問いかけている。

c0113928_23522475.jpg


人間ドッグの受診者は年間300万人いるそうだ。
その結果、「異状なし」とされる割合は年々低下して、2008年度は9.6%だった。
約90%の人に何らかの異常が見つかっているというわけだ。
それも年々低下していっているそうだ。それもそうだろう。
受診者の高年齢化を考えると疑うべくもない。
加えて、診断基準値も厳しくなった。
再三、検査をやって、その上に診断基準値が狭まれば異常者だらけになっても不思議ではない。
異常と言われれば、当然、不安がついて回る。
例えば、メタボ。患者さんの中にも、メタボを指摘されたと言う人の割合がここ数年で急増した。
血圧や血糖値、肥満度の項目に異常がなくても、ウエスト周囲の測定で注意されている。
それだけで不安になる人もいる。

厚生労働省研究班が、検診での問診や検査の25項目を調べたところ、十分に有効とする根拠が確認されたのは「喫煙」と「血圧測定」の2項目だけだったそうである。だから諸外国では「日本のように検診を政策として行う国はほとんどない」のだと言う。

「ゼロリスク」を求める風潮も指摘されている。
著者は次のように締めくくっている。
ゼロリスクに象徴されるように、健康に関する社会の基準や要求が高いほど、人々の不安は高まる。検査は健康的な生活習慣を育む上で役立つが、数値にとらわれ不安が増すのでは本末転倒だ。

検査値に依存し過ぎることなく、自分の身体感覚にもう少し意識を向けて、自分の不調を観察する習慣も大事なように思う。
[PR]
by m_chiro | 2010-01-20 23:56 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/13536084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by syaruruk at 2010-01-21 09:58
このデータは、日本人の好きな『一病息災』をあらわしているようにも見えますね。
不安なので、早めに手を打って、元気で長生きをする・・・そういう風に読んでは、だめかなあ。
『元気な人ほど、大病をして、ぽっくりいく』ということもよく言われますし・・・。

ウエスト周りでメタボと不安をあおるのは、いただけませんが。
Commented by m_chiro at 2010-01-21 18:48
「一病息災」、言えてるかもしれませんね。
あちこちが悪いと言いながら、早めに手を打ちながら大事に生きて長生きしている人もいますね。
特に、日本人は不安症なんでしょうか。

でも、意味のない検査結果をきちんと説明されず、また聞きもせず、いたずらに不安だけを抱えている人も沢山いるようです。
ある大学の学長は、毎年受けている人間ドッグのCT断層撮影で、肺に影が見つかり、細胞診で「異常がない」と分かるまで、「ガンではないか」と不安にさいなまれた、と告白していました。
それ以後、「私は健康のために生きているのではない。病気のことにとらわれて、短い人生の大切な時間を空費できない」と考えて、検査をやめたら「ストレスから解放された」とも語っていました。
結局は、自分の健康管理にどう活かすか、また自分自身の生き方、の問題にも関わるのでしょうが、このデータはいろんな要因を考える材料になりそうに思いました。


<< 砂川直子さんの喜ばしい快挙! なぜ、根性痛に侵害受容性の治療... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索