2010・謹賀新年
新年明けましておめでとうございます。
c0113928_1742068.jpg

2010年の幕開けは、この冬2度目の大寒波と猛吹雪ではじまりました。
紅白歌合戦が終わって「NHK・ゆく年くる年」の最初の鐘の音は、山形県寒河江市の慈恩寺からの中継でした。

慈恩寺は真言宗と天台宗の兼学の寺として栄え、1618年に山形城主最上氏によって再建された現本堂は桃山時代の様式です。
茅葺きの本堂は土地人たちの手で拭きかえられ、積雪に耐える工夫を重ねながら今なお重厚な佇まいを残しています。映像では、その茅葺き屋根には既に雪が積もっていました。
本堂内では、本尊・弥勒菩薩に新たに作られたブランド米「つや姫」をお供えし、新米にかける農民の祈りと共にその鐘の音をお茶の間に伝えてもらいました。

次に紹介されたのは、奈良の信貴山真言宗の総本山・朝護孫子寺です。
ここの本堂には毘沙門天王があります。1400年前のこと、朝敵であった物部守屋を討伐しようと聖徳太子が生駒山にて戦勝祈願されると、毘沙門天が出現されて必勝の戦法を授けられたと伝えられているのだそうです。
その時は、寅年、寅日、寅の刻であったとか。
そこで信ずべき山,貴ぶべき山として「信貴山」と名付けられ、毘沙門天は寅に縁のある神として信仰されているようです。

c0113928_1753049.jpg
境内には「世界一大福寅」の張り子が作られているようです。
左の写真がその張り子の寅で、まるで本堂をお護りしているようです。

実は、暮れに奈良から信貴山の寅が送られてきました(トップに掲載した写真がそれです)。
またまた、ご縁をいただいたお寺が中継されました。

三寺めは、大分県国東の両子寺からの中継でした。
ここは昨年夏に国東巡りでお参りしました。
「ゆく年くる年」で中継された3つのお寺は、昨年ご縁をいただいたお寺で、その鐘の音を聞きながら新年を迎えたわけです。
佳い年になりそうです!。
[PR]
by m_chiro | 2010-01-01 17:13 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/13379983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by syaruruk at 2010-01-02 00:30
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

信貴山の寅、かわいいですね☆
Commented by m_chiro at 2010-01-02 23:25
syarurukさん、あけましておめでとうございます。
こちらこそ、よろしくお願い致します。
毎日、吹雪、吹雪の正月です。
これでは初詣にも出かけられません。
ゆく年くる年に続いて、さだまさしの国技館ライブを見ていました。
syarurukさんも見てるかな、と思いながら。。。
楽しいトークでした。
syarurukさんとこの青い空が羨ましい!!
Commented at 2010-01-05 13:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by m_chiro at 2010-01-06 23:54
鍵コメ様、お元気で頑張っているご様子でとてもうれしく思います。
今年は、ぜひお伺いしたいものです。
ご自愛ください。
<< 桐子&空の新年走り始め 根性痛は本当に炎症起因物質によ... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索