根性痛は本当に炎症起因物質による疾患なのか?
日本整形外科学診療ガイドライン委員会、腰椎椎間板ヘルニアガイドライン策定委員会、厚生労働省医療技術評価総合研究事業「腰椎椎間板ヘルニアのガイドライン作成」班の3つの組織が編集した「腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン」には、中程度のエビデンスに基づくとしながらも、坐骨神経痛の発現メカニズムについて以下のように書かれている。

坐骨神経痛は膨隆型に比べて脱出型椎間板ヘルニアにより強く認められ、発現機序としては圧迫より炎症との関連が考えられる。
(「腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン」)

また、福島県立医科大学の菊地臣一教授は「続・腰痛をめぐる常識のウソ」に、根性痛が椎間板ヘルニアによる機械的圧迫が症状発生の原因である、と単純に割り切れるものではないとしてコラムで次のように結論付けている。

椎間板ヘルニアの症状には、機械的圧迫のみならず、髄核による化学的作用が関与している可能性がある。

さて、椎間板ヘルニアによる炎症説であるが、どうも胡散臭く感じられてならない。
炎症筋物質とされるサイトカインは、これまでに数百種類が発見され、今も発見が続いている。
どんな炎症起因物質なのか定かではないが、髄核から遊離されるサイトカインは特にインターロイキン、腫瘍壊死因子(TNF-α)などの関与が疑われているようだ。

例えばTNF-αにしても、硬膜組織を浸潤し、どうして後根あるいは後根神経節だけをターゲットにするのだろう? 
なぜ、前根は回避されるのだろうか?

後根神経節は脳脊髄液に浸されている。
したがって後根および後根神経節は、末梢神経というよりは中枢神経としての構造体と見た方がいい。
解剖学的に見ても、硬膜を通り抜けた炎症起因物質は、先ずは脳脊髄液を汚染するのではないだろうか? 
硬膜を通るぬけるならば、クモ膜や軟膜も通過して脊髄炎を起こすことはないのだろうか?

硬膜には洞脊椎神経が下図のように張り付いている。
c0113928_18525014.jpg

(STは交感神経幹、Dは硬膜、DRGは後根神経節、GRCは灰白交通枝、PLLは後縦靱帯、SNは洞脊椎神経、BVは血管、赤丸でヘルニア塊を書き入れた)

もしも炎症起因物質がヘルニア塊から遊離されるとなると、真っ先にこの洞脊椎神経の受容器が反応すべきである。
この洞脊椎神経の終末以外に、ヘルニア塊の周囲に受容器は見当たらない。
だとしたら、これは侵害受容性の痛みとなる。下行性には痛まないはずである。
やはり、根性痛の炎症説には無理があるようだ。
[PR]
by m_chiro | 2009-12-28 19:00 | 痛み考 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/13347175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 坐骨神経痛をSTOP! at 2010-01-06 12:12
タイトル : 坐骨神経痛とは
まず、坐骨神経痛とは具体的に、どんな症状かご存知ですか?私もよく知らなかったのですが、臀部から大腿後面にかけてとても鋭い痛みを感じる症状で、決して病名ではありません。この症状を整形外科なでで訴える多くの患者さんは、主に腰痛の次に多く見られますが、その原因となることは多種多様、患者さんによって様々です。末梢神経のなかでも、坐骨神経は最も太く長い神経です。第4、第5腰神経と仙骨神経からなり、大腿後面を下行して、ちょうど膝の裏あたりで二つのまた別の神経に分かれます。つまり坐骨神経痛は、神経が腰椎の隙間から出...... more
Tracked from 心療整形外科 at 2010-01-16 20:16
タイトル : 根性痛のふしぎ
根性痛は本当に炎症起因物質による疾患なのか? 神経根の圧迫だけでは痛みが生じないのはだれでもが知ってること。 そこで神経根が炎症を起こしていると痛みが生じるという理論が言われているわけです。 神経根炎が原因だとしても「異所性発火(侵害受容器でないところから入力される)」を持ってこないと説明できません。 異所性発火がおきるのは特殊な場合とされています。正常な神経ではおきません。 また異所性発火ではどうしても圧痛点を説明することはできません。 何か他の理屈をもってこない...... more
<< 2010・謹賀新年 椎間板は痛むか? 痛まないか? >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索