第11回・日本カイロプラクティック徒手医学会10.11~12
c0113928_22543395.jpg今年も徒手医学会が開催される。

10月11~12日の両日にわたり、東京有明の「東京ビッグサイト」での開催である。
なんとビッグな会場だ。

テーマは「ココロと身体」である。

基調講演は、清泉クリニック整形外科・スポーツ医学センターの脇本幸一理学療法士で、「レントゲン画像から診る心身機能評価と治療」と題しての講演である。

特別講演は、東邦大学医学部・有田秀穂教授で「身体に働きかけると、セロトニン神経が活性化される」と題して以下の前振りがある。

「脳幹・縫線核群に分布するセロトニン(5-HT)神経は広汎な脳領域に軸索を投射して、さまざまな脳機能に影響を与える。中脳・背側縫線核の5-HTは大脳、大脳辺縁系に投射して、α波の出現やネガティブな気分の改善に働く。大脳縫線核群の5-HT神経は内因性痛覚抑制系として機能し、延髄縫線核群の5-HT神経は、姿勢筋や抗重力筋の促通効果を発揮する。これら5-HT神経活動を賦活する因子は、リズム運動(呼吸、歩行、咀嚼)とリズミカルなタッチである。これらについて、自験データをもとに解説する」

一言で言えば、下位脳に対する反射的なリズミカル運動で、セロトニン神経を賦活させる、と言うことになろうか。

私が有田教授の座長を務めることになり、ここのところ有田先生の著書を読みまくった。

その他に、古武術研究家の甲野善紀氏、日本生体咬合研究所の中村昭二先生、加瀬健三先生はキネシオテープについてなど、盛りだくさんの内容で「ココロと身体」に迫るという企画のようである。
勉強してきます。
[PR]
by m_chiro | 2009-10-10 22:56 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/12587179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sansetu at 2009-10-12 08:49
どうして「ココロ」とカタカナなんでしょうね(笑)。
ココロのボスっていましたね。
ある意味文学的に幅をもたせたのかな。
各論の中の普遍的構造(あるいはその可能性)を見抜き、ぜひご報告ください。
Commented by m_chiro at 2009-10-17 18:22
sansetu先生、初めて武術家の話を聞き、その技の一端を見てきました。
私には評する言葉も見つかりませんが、とても新鮮なものを感じました。
「気配の無さ」、これが印象です。

>どうして「ココロ」とカタカナなんでしょうね。
確かに、私には何とも思いつかない発想です。
カイロプラクティックの学会はまだまだ普遍的な構造など、その可能性も見当たりません。ただ、科学的に、論理的に思考しようとする姿勢に、その可能性を見出しているくらいです。
続けているうちに、何かがみえてくることを期待しているのですが..。
<< 「科学的と言う前に、せめて論理... 「痛み学・NOTE」29. 交... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索