国東半島へ③ 長安寺へ
富貴寺の近くで昼食をとった。
「富貴寺温泉・旅庵蕗薹」にある和風の食事処で、なかなかおしゃれな雰囲気のところだった。
ここは富貴寺の経営らしい。
壁面にパッチワークの大作がいくつも掛けられていて、コーヒーカップをデザインした作品がとても印象的だった。
c0113928_8511687.jpg

c0113928_8515497.jpgデザートには名物の団子がでた。










そこから長安寺へと向かう。
長安寺は八面山という標高543メートルの中腹8合目ほどにある。
本来なら参道を歩いて登るのだろうが、急ぎ旅の我々は車で長安寺の境内まで乗り入れた。
長安寺は別名「花の寺」とも称されるらしく、四季折々に花がみられるのだろう。
この時期は端境期なのだろうか。花の姿はみられなかった。
境内にはもみじの木が多かったから、秋には紅葉が楽しめるに違いない。

奥の院は神仏習合の歴史を伝える神社である。
そこに通じる石段の両脇には歌碑がいくつも建っていて、そこから西洋シャクナゲが山の中腹までびっしりと植えられていた。
なんでも3000本あるらしい。
花の季節は見事なのだろう。
c0113928_8524144.jpg


c0113928_8532095.jpg江戸後期の作とされる旧収蔵庫の前には仁王像が立ち、前には狛犬が配置されている。
この狛犬がまた、いい味を出している。









c0113928_8534744.jpg野仏さまも雰囲気がある。
[PR]
by m_chiro | 2009-08-12 08:58 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/12116337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 国東半島へ④ 両子寺へ 国東半島へ② 富貴寺 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索