音に変換された痛みの信号
1990年5月に、米国にあるノースウエスタン・カイロプラクティック大学(Northwestern College of Chiropractic)の50周年記念祭の招待を受けて、ミネソタ州・ミネアポリスに出かけたことがある。
ナショナル大学、パーマー大学と回り、アイオワのモリーン空港から18人乗りの小型プロペラ機でミネアポリスに飛んだ。
50周年のイベント&パーティ会場はラデソン・ホテルだった。
そのパーティは今でも想い出に残っている。
「カントリー・ロード」のヒット曲を持つジョン・デンバーのショータイムがあった。
何よりも街の人たちは開放的で、どこへ行っても気軽に声をかけてくれる明るさがとても気に入って思い出深いものがある。
私のオフィスの待合室に掛けられている絵は、この時にミネアポリスの路上で買った絵である。
猫を素材にした明るく漫画チックな絵で安かった。
そんなこともあって、ミネアポリスには思い入れも深い。

何気なくミネアポリスを検索していたら「ミネアポリス 痛みの研究日記」というブログに行き着いた。
ミネアポリスにある大学で、痛みの基礎研究を行っている日本人の研究者のブログのようだ。
その09.6.11の記事・「初公開!脳神経な日常」に、オシオスコープによる神経興奮の様子の動画が載っていた。
面白いことに、興奮している神経を捕まえて神経の発火を音に変換している。


う~ん、これは痛そう!!

目からの痛み入力が、三叉神経脊髄路核尾側亜核浅層で受けている活動電位の記録だそうだ。
素人目にも、痛みを感じる動画である。
人間の営みはこうした活動電位に支えられているわけだ。
痛みも電気信号だとよく分かる。

こうした「痛みの基礎研究」を異国の地で研究されている日本人の存在もうれしい!
大声援を送らせていただきます。
[PR]
by m_chiro | 2009-06-18 23:39 | 痛み考 | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/11778086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 心療整形外科 at 2009-06-19 21:02
タイトル : 痛みは脳の認知と反応
音に変換された痛みの信号 痛みは「個人的な体験」と定義されています。 平たくいえば脳の認知や反応です。 痛いということは脳の痛みの領野が興奮しているということです。 ①臓器(多くは筋肉)から情報がアップロードしてきて脳が興奮して痛いと感じているのです。 ②中にはアップロードがないのにもかかわらず脳が興奮していることもあるでしょう。 ①か②かは治療をして様子をみないとわかりません。 ①ならアップロードを止めてやればよくなってくることが多いでしょう。 ②は複...... more
Commented by 痛みのブログの人 at 2009-06-19 08:07 x
ミネアポリスで、ミネアポリス痛みの研究日記を書いている者です。私のブログを紹介してくださり有難うございます。主に顎顔面痛のメカニズムを解明しようと地味にやっております。今後も研究の様子を地味にナローにレポートしたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願い致します。
Commented by シャルル at 2009-06-19 08:17 x
ポンポンと痛そうな音が響いていましたね。発火という感じがします><。
Commented at 2009-06-19 08:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sansetu at 2009-06-19 21:53
守屋先生、興味深いブログのご紹介に感謝です。
ご本人もご光臨ですね(笑)。
Commented by m_chiro at 2009-06-19 23:23
ミネアポリスの痛みの先生、御丁寧にコメント頂き恐縮です。
日本の臨床の現場では、痛みの生理学と矛盾した説明が行われているという現実があります。
先生方の基礎研究に大きな期待を寄せている一人として、先生のような日本人の存在を心強く感じております。
これを機会に、先生の研究の様子を楽しみにブログ」訪問させていただきます。
私の方はボケ頭ですので、理解不能なこともあろうかとおもいますが、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by m_chiro at 2009-06-19 23:25
シャルルさん、ホントにポンポンという音のたびに身に応えるような感覚に襲われますね。
Commented by m_chiro at 2009-06-19 23:29
鍵コメ様、確かに妙な感覚ですね。
御指摘の件、了解しました。
Commented by m_chiro at 2009-06-19 23:32
sansetu先生、ホントに興味深いブログに出会いました。
宝くじにでも当たったようです。
ご本人からのコメントもありがたかったし、人生ますますミネアポリスづいてます。
<< 立位と歩行で右ハムストリング筋... 中谷幸代「時のしずく」 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索