痛み治療の原則を考える
「ぎっくり腰は放置でよいのか?」加茂先生のブログに次の記事が引用されている。
「ヘルスウィークにおける「今まで間違っていた“痛みの医学”」講演会

元ニューヨーク医科大学麻酔学教授、現名誉教授・ 渋谷欣一医師が行ったとても重要な講演の要旨である。TKさんが記事を紹介してくれた。
徒手療法でも参考とすべき痛み治療の原則論が語られている。
痛み治療を考えるよ上で、とても良い記事を引用していただいた。

徒手療法においても、痛み治療で最も大切なことは、先ずは痛みを知ることである。
その上で、対象の痛みがどのような分類基準に添うものであるかを見極める必要がある。
したがって除外診断は欠かせない。
除外すべきは3つに絞られるだろう。3つとは、1に感染症、2に外傷(骨折など)、3に癌性疼痛である。これらは徒手療法の守備範囲外にある痛みである。

更に、痛みを2つに大分する必要がある。1つは急性痛とその遷延した慢性痛で、これらは侵害受容性疼痛とみてもよいだろう。
2つめは慢性痛症であるが、これは神経因性疼痛に分類される難治性の痛みである。この2種類の痛みは、その機序も全く違っている。したがって、治療のアプローチもそれぞれの機序に応じて変わる必要もあるだろう。

侵害受容性疼痛の治療において重要な徒手検査の所見は、痛みの再現性(負の再現性)を確認することである。これは治療後の効果の指標にもなる。
一方、慢性痛症における徒手検査は、痛みが消失あるいは軽減されるか(正の再現性)を見極めることが鍵になる。
正の再現性は治療の大きな指針のひとつに成り得るからである。しかしながら慢性痛症に対する決定的な治療法や治療薬は、今のところ提出されていない。

したがって対処すべきことと言えば、慢性痛症に移行する前に徹底的に痛みを取り除くことに尽きるのである。これは痛み治療の原則論である。上記の講演でも渋谷欣一先生が強く訴えられているところである。
だからこそ痛み学の情報を与えることは、痛み治療の重要なポイントにもなる。
患者の意識を徹底した除痛に向けることが出来るからである。

侵害受容性疼痛における治療手技の目的は、痛みの伝達経路を遮断することにある。
その手法を問うものではないが、カイロプラクティックや整体などでは身体の歪みの矯正が目的にされがちになる。それらは治療の指標に成り得ても、目的ではない。
例えば、ぎっくり腰のような急性の代償性の歪みは痛みが去れば修復されることが多々ある。
したがって、歪みの矯正を治療の目的を置くべきではなく、早期の除痛こそが最優先されるべきである。
歪みを作っている筋スパズムや、身体を歪めて補正せざるを得なかった機能障害の部位を取り除くことが徒手治療でも最優先されるべきなのである。
こうしたケースでの歪みは、補正作用の結果なので除痛できれば歪みは自ずと修復されやすいからである。

一方、慢性痛症では痛みの可塑変化を変えることにある。
それには本来の正常な神経回路を再構築するために、学習能に働きかけることが肝要なのだろう。
また、痛み治療の基本は「安静よりも行動」にある。特に慢性痛症に至っては、無効な医療や鎮痛薬への依存から抜け出して、自ら生活の質(QOL)を改善する意欲的な取り組みが要求される。
身体機能の回復と心理的な支援は、こうした慢性痛症の改善の手助けになるものと思われる。
世界の痛み治療は、医療チームの連携によるに学際的集学アプローチに向かっており、その効果も報告されるようになってきた。
このことは慢性痛症が決して一元的なものではなく多元的なものであり、治療は多角的なアプローチであるべきことを示している。包括的なケアが望まれているのである。
[PR]
by m_chiro | 2009-06-15 08:43 | 痛み考 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/11753051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 中谷幸代「時のしずく」 第6回・わんわん大運動会 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索