臨床の基本形とは
学会誌の編集作業でてんてこ舞いです。
やっとすべての原稿が揃い、一山越えた感じです。
先日は、招待講演のテープ起こしの原稿を学会誌用にリライトしていました。
演者は、昨年の学会で特別講演をされた富山大学保健管理センターの斉藤清二教授です。
その中で心に留まった話が出ていましたので紹介しておきます。
臨床の基本形とは何か、ということに触れておられました。

斉藤教授の専門は内科学、心身医学、臨床心理学、医学教育学ですが、医療コミュニケーションをキーワードにした「ナラエビ医学」を提唱している先生です。
ナラエビ医学とは聞きなれない言葉ですが、EBMとナラティブ・ベイスト・メディスン(NBM)を合わせた斎藤先生の造語だそうです。

そもそも「臨床」という日本語は、英語のクリニカル(clinical)やクリニック(clinic)とピタリ一致する言葉ではない、とても含蓄がある言葉なのだと斎藤先生は述べていました。臨床の「床」とは「とこ」のことで、所謂「ベッド」ですが、そこには人が横たわっている。
なぜ、横たわっているのかと言えば「苦しんでいる」からです。
つまり「患者さん」ですが、英語で患者さんは「patient」で、この語源は「patience(忍耐)」にあるのだそうです。
だから「とこ」に臥している人は「苦しみに耐えている人」で、医療の初期の段階では「死に逝く人」だったのだろう、と話されていました。
そこに臨床の基本形が見られると言うのです。ちょっと長くなりますが、そのさわりの部分を引用します。

その死に逝く人が苦痛に耐えながら床(とこ)に横たわっている。すると、そんな患者に対して少しでも役に立ちたい、あるいは苦しみをやわらげてあげたい、と望む者が出現する。おそらく最初はごく普通の人、特に専門家ではなくて、いわゆる隣人だったと思います。苦しんでいる人がいれば、その傍にその人に関わる一般の人がいたのだろうと思います。ですから、いわゆる臨床というのは苦しんでいる人、一般的には患者と言われる人と、その苦しみが癒される事を願う者、この二人の関係で成り立つわけです。この相互の間に交流がなければ、そもそも臨床は成り立たない。これが基本的な見方です。

そして、その苦しみをなんとかやわらげようと願う者が、次第に専門化して行って医療者になった。臨床とは苦しむ人が横たわるベッド(床)に臨んで、すぐ傍らにいてアテンド(attend)する。アテンドというのは、実はただ単に居るのではない。アテンション(attention)という「注意深く見守る」という非常に深淵な言葉を含みます。患者さんが何をして欲しいか。どこが苦しいのか。自分がどういう役に立てるか。注意深く見守りながら、すぐに行動できるように待機しているのです。

当然、患者さんを観察することは大事なのですが、もうひとつ大事なことは患者さんと対話をすることです。苦しみが訴えられ、そしてその苦しみが聴き取られるのです。「どこが苦しいですか?」。「私に出来る事は何かありますか?」。「どうして欲しいですか?」。「水が欲しい?」、「じゃぁ、水を汲んできましょう」。「そこをさすって欲しい?」、「そこをさすりましょう」。こうして患者さんと対話しながら、その苦しみを癒そうと努力するのが臨床家なのです。

基本的には、「私にはこういう治療法があるから、あなたにやってあげましょう」ではなく、「あなたのどこが苦しいかに合わせて、私が動きましょう」という受動的な姿勢なのです。ただし、そこには注意深さが必要です。更に、医療者が専門化したということは、技術を持たなくてはならない。もっと言えば能力も持たなくてはならない。したがって、専門能力を持つ者が、患者と対話しつつ患者のニーズに合わせて動いていく。これが臨床の基本形だろうと私は思っています。


臨床の姿勢とはこうした基本形にあるので、専門領域の自己主張にあるのではないのでしょう。
個人が持つ意味や価値を取り扱う姿勢を取り戻すことは、EBM同様に必要なのでしょう。
客観的であることを過度に重視してきた従来の研究は、それがダメと言うことではなく、そこに偏向したしたが故に、個々人が持つ「固有の意味づけ」を十分に扱えてこなかったのかもしれません。
だからこそ、EBMとNBMを統合する在り方が求められなければならないのでしょう。
医療者と患者さんとのコミュニケーションで紡ぐ「物語」の中に、医療の「質」を求める必要があるのだろう、とそんなことを思いながら編集作業をしていました。
[PR]
by m_chiro | 2009-06-10 11:53 | 雑記 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/11720912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アダピー・タケウマ at 2009-06-12 19:04 x
弱かった筋肉に力が入るようになったとか、関節の可動域が改善したということは、評価をする上では大切なことだと思いますが、患者さんの望んでいることは、痛みなく眠れたり、苦痛なく生活できることだと思います。
患者さんとコミュニケーションをとりながら、苦痛を理解し、なおかつ客観的な病態把握をすることが大事なのでしょうが・・・難しい!!
Commented by tenorsaxt at 2009-06-14 02:25
筋力が強くなるとか、可動域の改善が見られるようになれば、その結果痛みがとれたり、苦痛のない生活ができるようになるということは経験的に分かっています。即座に改善される痛みもあれば、炎症性のものなどは時間が必要です。タケウマさんのおっしゃる通り患者さんとのコミュニケーションが大切ですし、客観的な病態の把握も必要なことでしょうね。あれっ、全く同じコメントになってしまいましたね。同じ悩みがあるということですね。
Commented by m_chiro at 2009-06-15 00:29
アダピー先生、検査結果や画像にばかり意識が向いて、患者さんをみていないドクター、逆にデータはどうでもよくて患者さんの心理的側面にばかり熱心なドクター、いずれも困った存在なのでしょう。EBMとNBMの統合はホントに難しいと思いますが、統合する在り方に意識を持って治療に当たりたいものです。
Commented by m_chiro at 2009-06-15 00:37
tenorsaxt様、先生の面目躍如といったブログですね。
また楽しみに読ませていただきます。
嗚呼。。! 霧島の温泉が懐かしい!、恋しい!、また行きたい!!
今年の夏は国東半島に行く予定です。これも楽しみです。
私も先生のような自由人になりたいなぁ~。
Commented by tenorsaxt at 2009-06-16 21:00
最後にお会いしたのがもう何年前でしょう・・。水戸黄門で酒田の酒造りの場面が出ました。酒田という文字は守屋先生と短絡しています。家族湯「一番」は露天風呂が新築され、1時間1800円にもかかわらず予約がいっぱいです。
http://plaza.rakuten.co.jp/osamu322/diary/200904250003/
国東半島から車で6時間・・ちょっと遠いですね。国東もいい所と聞いておりますから堪能してください。
こちらへの計画もぜひどうぞ。楽しみにしております。
<< 身体の歪みは必ずしも矯正すべき... 「幸せ返し」 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索