「幸せ返し」
あるご家族が治療にみえるようになったのは、息子さんの治療がきっかけだった。
その家族の成人した息子さんが、社会人になって間もなく仕事に出られなくなって困り果てていたのである。
不眠症にはじまり、身体の不調が際立つようになった。腕の痺れや腰痛に肩こりもあって、身体がだるくなり、起きているのも辛くなっていった。検査を受けたがこれと言った問題は見つからない。結局、自律神経失調症ということに落ち着いたようである。
薬物治療を続けたが変化も見られず、母親に連れられて、私のところに治療にみえたのが始まりだった。

私は特別な治療をしたわけでもない。身体反応の入出力系をチェックして、問題の箇所を安定させる手法を用いただけである。後は、生活のリズムを作るように指導した。
間もなく元気になり、仕事に復帰するようになった。それから御家族が治療にみえるようになり、有難いことに多くの患者さんを紹介もして頂いた。

その息子さんが一昨年の秋には結婚することになった。婚約者とその家族までが治療にみえて、ご家族みんながクライアントのような存在になったのである。
そして、結婚式の披露宴には、私まで招待された。
披露宴が終わって、新郎新婦が出口で招待客を見送るときに、新婦さんがバラの花を一輪手渡してくれた。蕾が3分程度に開きかけた赤いバラだった。
私はこの一輪のバラを、タキシードの胸ポケットに差し入れて帰り、治療室の花瓶に活けてみたのである。
やがてバラの花が一杯に開いて、好ましい芳香が待合室に漂っていた。
あまり好い匂いのバラなので、花が終わってからダメモトで挿し木にしてみることにした。

結婚式後に若夫婦が治療にみえた時に、挿し木のことを話しながら、花が咲いたら「幸せ返し」をすると約束した。
若夫婦は「つかないでしょう」と言って笑っていたが、翌年には小さな苗木に育ったのである。そして昨年は、この若夫婦にも第一子が誕生した。

c0113928_22201587.jpgそのバラも、今年は鉢植えに立派な花や蕾を沢山つけた。
そして、あの時と同じ芳香で周辺を満たしている。

今年こそは約束の「幸せ返し」が出来る。

一輪のバラを若夫婦に贈ろう! 
「幸せ返し」のバラの花を贈り返そうと思う。
[PR]
by m_chiro | 2009-05-29 22:18 | 雑記 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/11642861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しゃるる at 2009-05-30 08:26 x
本物のグリンフィンガーの持ち主ですね。^^。きれいなバラ。 
まさにホームドクター。。。赤ちゃんも、やがて、メンテナンスに訪れて。。。3世代。。。
Commented by だるま at 2009-05-30 09:14 x
先生、心温まるお話ですね!時々、お花を頂くことがあるのですが、上手く育てられないとが多いです!今度は「幸せ返し」ができるよう、丁寧に育てたいと思います。
Commented by m_chiro at 2009-05-31 19:59
syarurukさん、よくぞ咲いてくれました!という感じでした。

根付いたときにはホントうれしかったものです。
Commented by m_chiro at 2009-05-31 20:03
だるま先生、私も頂いた花をよく枯らしていました。
何しろ、水と油かすで何でも育つものと思っていましたから...。
少し勉強したら、条件がそれぞれ違うのだと分りました。
植物は「リンゴの奇跡」にあったように、基本的に地下系の生き物なんですね。
植物からも学べます。
Commented by だるま at 2009-06-01 08:05 x
おはようございます。

>植物は「リンゴの奇跡」にあったように、基本的に地下系の生き物なんですね。
植物からも学べます。

本当にそう思います。先生の先日のコメントを読みまして、改めて、「奇跡のリンゴ」を再読しました。
からだの生態系を整えることで、施術を受ける方の回復する力を引き出すことが、私たちの役割だと思います。ちなみに、私は、「生態系」をもじって、「整体系」という言葉の方がしっくりいきます。
Commented by m_chiro at 2009-06-10 12:04
だるま先生、御無沙汰でした。
学会誌でバタバタしていました。申し訳ない。

ところで、「整体」とは「生態」を整える「整体系」ですか。
なるほど、こうした視点を聞いたのは初めてです。

実は、私はいつも思っていました。「整体とは体の何を整えるのだろう?」と。
先生の治療に対する考え方を知ることが出来たように思います。
Commented by だるま at 2009-06-10 16:36 x
御いそがしいところ、コメントして頂きましてありがとうございます。

>実は、私はいつも思っていました。「整体とは体の何を整えるのだろう?」と。
先生の治療に対する考え方を知ることが出来たように思います。

いつかの先生の記事に、トーンと調整についてのご説明がありました。あの時と同じ疑問だと思います。私も、「整体とは?」「からだの何を整えるのか?」と聞かれると返答に困ってしまうのが正直なところです。

ある辞書で「整える」という言葉を引くと、きちんとした、調和のとれた状態にすることと載っていました。
私は、痛みが出る時はしっかり出す、下痢がでる状態であれば下痢をするというふうにからだの感覚を素直にすることがからだを整えることと思っております。そのためには、筋肉、筋膜、皮膚、関節を弛めることが大切だと思っております。
Commented by m_chiro at 2009-06-11 22:44
だるま先生、治療の感覚などは文章にするのがホントに難しいですね。
いつも悩まされています。
でも、何がしか書いているうちに一致するような表現と出会えるような気がしているのですが.。。
未だよく分かっていないのでしょうね、きっと。
<< 臨床の基本形とは 須田裕子・人形展を見る >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ