今夜は「酒田まつり」創始400年・前夜祭
慶長14年から続けられてきた「酒田まつり」が400年目を迎えました。
今夜は、その前夜祭です。
この祭りは昭和54年の酒田大火前は「山王祭」と呼ばれていましたが、酒田大火復興に願いをかけて「酒田まつり」と改められています。
以前は高い山車が名物とされていましたが、この創始400年を記念して山車が復活しました。
何でも天明時代から明治までは、この高い山車が見ものだったとか。
地方の小さな港町のささやかな祭りです。
夕方から、市民が前夜祭を見に集まってきました。

街路には、まつり提灯が続き、お祭り気分を盛りたてています。
c0113928_0342335.jpg

復活した「山車」のひとつ山鉾。
そこで前夜祭のイベントが開かれて、見物客も出始めました。
c0113928_037059.jpg

傘福をあしらった山車。
c0113928_0405834.jpg

[PR]
by m_chiro | 2009-05-20 00:42 | 庄内の記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/11574939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sansetu at 2009-05-20 11:12
佐渡鬼太鼓のメッカ新穂でも古式豊かな山王祭が行なわれます。
先日の鍼灸祭りで山形の酒を二銘柄飲みましたが、さすがに山形酒は旨かったです。
上の画像のタコとカメがかわゆいですが、右端の黄色いのはもしかして「深海○号」?
Commented by chirojournalの内田 at 2009-05-20 18:22 x
以前に、五所川原の「立佞武多の館」に立佞武多を見に行ったことがあります。中央の写真と良く似た天に高く伸びている山車でした。五所川原では立佞武多が通る道の電線を整備し、立佞武多の巡行を確保しているそうです。酒田もやはりそうなのでしょうか?ちなみに、立佞武多は祭りが終わると火を放し燃やしてしまうそうです。
Commented by m_chiro at 2009-05-21 01:28
sansetu先生、酒田まつりでも太鼓の演技がいくつものグループで披露されます。
それぞれに味わいがあり、いいものですね。
山形の酒もいけますか! 通に評価されると人ごとながらもうれしいです。
右端の飾りは、どうも「深海号」のようですね。
酒田では、傘の下にいろんなものをぶら下げる「傘福」が人気です。
まつりでも、沢山出ていました。
Commented by m_chiro at 2009-05-21 01:36
内田様、五所川原の立佞武多は壮大ですよね。
酒田でもこの高い山鉾の巡行には電線の配慮があったようです。
同じ東北でも、青森にはある種異質の文化を感じます。
酒田の山鉾は、京都のものを模したと聞きました。
酒田の山鉾、終わった後は、どうなるのでしょう?
<< 「酒田まつり」創始400年・本年祭 今や花盛りです >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索