唐松の伐採枝を花瓶に生ける
連休に羽黒山に行った。
ブナの新緑を眺めながら歩いていたら、冬の積雪で折れた枝や伐採された枝が木の根元に置いてあった。
唐松の枝だと思うが、折れた枝の養分で生き延びたのだろう。蕾が膨らんでいる。
水上げしたら葉が出てくるかもしれない、と手折って持って帰った。
山のものを持ち帰るのはいけないことだが、処分される伐採枝だからいいだろう。
c0113928_22333467.jpg

可愛い松かさが付いている枝を選んで持ち帰り、花瓶に生けて治療室に飾った。
一週間も経って、緑の可愛い葉を出した。
生命力ってすごいなぁ~、と感心する。
北海道旅行のお土産にと、患者さんからもらった木彫りのフクロウと合わせて飾ったら、
なかなか味わいがある。

蕾のままのときは誰にも見向きもされなかったが、花瓶の中で新緑を出したら途端に患者さんの注目の的になった。
「これどうしたの?」、「いいわねぇ~」などと、ひとしきり眺めて帰る女性の患者さんが多くなり、その度に謂れを語ることになった。

治療室で、たわいもない話をする空間がある。
私はそのひと時がとても好きだ。
[PR]
by m_chiro | 2009-05-13 22:38 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/11532003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「痛み学・NOTE」25. 神... 「プルーストとイカ」  >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索