「草取り症候群」雑感
Syarurukさんが「鍼治療8回目」で、草取りをした後のアチコチの痛みを「草取り症候群」と名づけていた。
なるほど言いえている。

東北も一気に春が来ると、みな浮かれ出したように庭いじりや家庭菜園をはじめる。
だから、この時期は腰痛の患者さんが特に多くなる。
特にご婦人方は、決まったように屈曲/伸展障害の腰痛である。
「何もしていない」と言うが、聞き取りをすると「草取り」に行き着く。
そんな患者さんたちは、やはり膝や肩の痛みも併発している。
「草取り腰痛」、「草取り症候群」、いただきです。

「むち打ち症」も「頚椎捻挫」だの「加速/減速障害」などと呼ばれるが、「むち打ち」と言うだけで分ってもらえる便利な呼び方である。
腰痛もアレコレ説明するより、「草取り腰痛」の方がピンと来るかもしれない。
膝や肩などの症状もあれば「草取り症候群」でいい。なまじ仰々しく「椎間板」だの「軟骨」だの「脊柱管」だのと診断されると、打ちひしがれるような感じがするのかもしれない。

やっと春が来て伸びだした草も、ようやく陽の目を見たと思ったら引き抜かれてお終いでは、気の毒でもある。
根こそぎやられた草の悼みを、始末した人が身体で請けたと思えば、アチコチの痛みも諦めがつくかもしれない。

ところで、植物には脳がない。つまり神経系がない。植物の情報系は遺伝子系が担当している。
なぜ脳がないかと言えば、行動する必要がないからだろう。
ところが動物には脳を欠かせない。捕食などのために行動しなければならないからだ。
人間が仕事を持つのも、ひとつには食うためである。
行動には、神経系という情報系が重要な役割をしている。
その情報系の入出力を取りまとめているのが脳である。

情報の入力は五感から入る。その入力された情報を処理して出力する。
でも出力系は一つである。筋肉以外にない。
ものを見る行為も、話をすることも、筋肉が始動してはじめて意味を持つ。
歩いていて水溜りを見つけたら回って通るのも、視覚情報を脳が処理し回避行動をとらせるからだ。
動きにも無意識的な部分があり、意識が介在する行動もある。
草が邪魔だ、という意識が介在するから「草取り」行動に精を出す。

だから身体と脳は切り離せない。脳は身体という末梢の情報に依存している。
身体性を抜きにして、脳はその役割を果たすことは出来ないのである。
筋肉が重要なのも自明の事である。

「草取り症候群」にうなづきながら、そんなことを考えた。
[PR]
by m_chiro | 2009-04-17 17:48 | 痛み考 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/11346452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by シャルル at 2009-04-17 19:17 x
草取り・・・これは、なかなか、やめられないです^^;鍼の先生は、『いっそマンションに引っ越したら?』なんて、無責任な(笑)ことをいいますが。。。

草取りとか、掃除には、達成感があって。。。草が邪魔というのもあるけれど、外で作業できるうれしさもありますね。
でも、そのうち、草が勝利して、私はあきらめの境地へ。。。^^;
Commented by だるま at 2009-04-18 09:14 x
おはようございます。話に割り込んですみません・・・
私の家の庭も、草が茂ってきました。これからが、草取りの本番のなので、大変です。私の場合は、脛が筋肉痛になります。

守屋先生、おはようございます。

>腰痛もアレコレ説明するより、「草取り腰痛」の方がピンと来るかもしれない。

イチローが、先日のTVのインタビューで漢字で「胃潰瘍」と書くと何か?ものすごく悪いイメージがあるので、カタカナで「イカイヨウ」と書いて欲しいというようなコメントを言っていましたが、文字の印象によって、各個人が悪いイメージを持ってしまえば、患者さんは、不安を増し、症状を悪化させることがあるようです。

こちらが、話す言葉に注意が必要ですね!
Commented by m_chiro at 2009-04-18 12:21 x
syarurukさん、酒田もようやく春で、ウキウキ気分です。
花屋さんにも、人が沢山出て来ました。庭に花を植えたいのでしょうね。
草取りも手頃な広さであればう、れしさもあるでしょうが、農家の人は辛いだけのようです。

>草取りとか、掃除には、達成感があって。。。
達成感ですか。syarurukさんらしいなぁ~。
Commented by m_chiro at 2009-04-18 12:39 x
だるま先生、こんにちは。
酒田は、今が桜も満開です。
今日は天気もいいし、今夜あたりは桜の花見で賑わいそうです。
だるま先生のところは、既に桜も散って葉桜なのでしょうね。
私も、明日は花見に出かけたいものです。

確かに言葉の持つイメージはありますよね。
まして人は想像力が豊かですから、悪いことは更に悪くイメージを膨らませてしまいやすいのでしょう。
<< 満開の桜を見に行く 「痛み学・NOTE」24. 「... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索