「質感」、この極めて曖昧ながらクリアな感覚
先週の今頃は、WBCで大好きな野球を存分に楽しんだ。
その後もニュース番組などで裏話などが紹介され、その度に感動を新たにした。
決勝リーグのときは、日頃、野球に関心なさそうなおばさん達までが、待合室でも賑々しく話題にしていて関心の高さが窺われたものである。

イチロー選手には、プレイだけでなく言動にも注目した。
大会前に視力の低下が指摘されていたが、彼は「ボールを見るのは眼だけで見るのではない。身体全体で見るのだから問題ない」と周囲の雑音を振り払っていた。
「身体で見る」という物言いは極めて曖昧な表現ではあるが、とても含蓄があるリアルな感覚のように思われた。

ところが大会がはじまると、イチロー選手の状態は絶不調が続いた。
2割にも満たない打率で信じられないような成績である。チャンスにはことごとく凡退した。
天才も寄る年波には勝てないのかなぁ~と、白いものが目立ち始めて来た頭部を見ながら思ったものである。期待の大きさの分、苦しみも大きかったのだろう。
「痛覚にはない痛みを感じた」とも語っていた。これも専門家のような物言いだ。
独自の領域を築いた人の言葉というのは、なかなか味わい深いものがあるようだ。

話は変わるが、先週末は大阪にいて頭極堂先生と親しく話す機会があった。
頭極堂と名乗るくらいであるから、頭部のセラピーとその身体に及ぼす影響については独特の手法を開発しており、並々ならぬ努力の跡を窺うものがある。
とても独創的な発想で頭部や身体を診ているので、中には常人の理解を超えるものもある。

一体何を診ているのだろう?
膜系、神経系、関節などの運動系、循環系、...、何を指標にして診て、どこをターゲットにしてアプローチをしているのだろう。
いろいろな疑問が湧いてきて尋ねるのだが、なかなか私の理解はピンポイントで核心に近づけない。
結局、印象的にではあるが、部分だけど部分ではなく全体だけども全体ではない、ということなのだろうか? イチロウ選手が言った「身体で見る」という感覚に近い表現なのだろうか?
そんなことを考えながら思いをめぐらせていた時である。頭極堂先生が発した「質感」という言葉がひっかかった。

なるほど「質感」とは、治療家が極めてクリアな身体の感覚として感じているものに違いない。
リアリティとも違う。現代の脳科学的に言い換えれば「クオリア」ということになろう。
クオリアを感じる脳は決して特異的な部位が担当しているわけではない。
形や色、動きや深度など、脳内でバラバラに処理されたものを再統合することで出来上がるとされている。
こうした質感の変化をインデケーターにする方法論が確立されているとは言えないだろう。

でも、この曖昧ではあっても、個々には妙にクリアな感覚として納得できるものを感じることができるのである。
視覚でも、触覚でも、あるいは体感でも、その身体感覚として感じる「質感」、そしてその変化を楽しむと、また違った治療観が生まれそうな気がしてきた。
[PR]
by m_chiro | 2009-03-31 17:22 | 雑記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/11222662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by だるま at 2009-03-31 21:24 x
こんばんは。

>視覚でも、触覚でも、あるいは体感でも、その身体感覚として感じる「質感」、そしてそ>の変化を楽しむと、また違った治療観が生まれそうな気がしてきた

なるほどというご意見です!
私自身については、手の感覚の質と考え方(思考)の配分によって、治療観が決まっているように思います。治療者の身体感覚が、向上することで、治療方法、治療観が変化していく気がします。
Commented by 頭極 at 2009-04-02 14:07 x
大阪まで来て頂き、有難うございました。

先生のご質問に対して、明確な返答が出来ないのが私の未熟なところです。

言語化にすると弊害がでますし、ニュアンス的に表現するとこれまた弊害もでます。面白いですが、質問される方にお手数をかけてしまっています。

私の場合も眼だけで見ていません、身体全体で観ています。眼で見ると自分の学んできたことが基準になり、まずそのままの状態を把握できないように思います。

すいません、長くなっています。

このような話など、先生に御依頼していた件で、出来ましたらお願いいたします。
Commented by m_chiro at 2009-04-03 22:00
だるま先生、こんばんは。

>治療者の身体感覚が、向上することで、治療方法、治療観が変化していく気がします。
確かに、治療者として成長していく上で、とても大切な要素だと思います。
この頃、あまり視覚ということを意識しなくなりました。
Commented by m_chiro at 2009-04-03 22:11
頭極堂先生、お世話になりました。

先生のテーマは、後からジワーと腑に落ちてきます。
でも、言語化が難しいとなれば、何を切り口にするかが問題です。
ですから、先生が希望されていたことを、うまくシュミレーションできないでいます。

でも、ちがった世界が拓けそうで大変勉強になりました。
聞く方も理解が進まないと、核心に迫れないのかもしれません。
また、ご指導下さい。
<< 小児病的書評 VS 医師の責任と良心 「痛み学・NOTE」23. 圧... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ