筋膜は「へちまたわし」のイメージ
筋組織はいくつもの合胞体構造になっていて、一般的な細胞体構造とは違っている。
この筋組織には結合組織と呼ばれる支持構造があり、これが膜系の仕切り構造を作っている。
一本一本の筋線維は筋内膜で包まれ、それらのいくつかは筋束となって筋周膜で仕切られている。

その筋束の集合は筋上膜で包まれて固有筋を作り、他の固有筋と分けている。
これらの筋膜は固有筋を束ねて更に腱に合流する。それらが合成されて骨膜になり、更にまた違う筋肉に移行して行く。
これらの筋膜組織は膠原線維と考えられており、体性神経線維が分布している。
Aδ、C線維のグループⅢ、Ⅳの神経である(Lloyd-Huntによる神経線維の分類 )。交感神経も含まれている。
こうした膜系の連鎖は固有筋の概念と違った構造体として、支持機能と運動機能、情報網として作用しているのだろう。
c0113928_16163351.jpg

この筋肉の膜構造を眺めていると、「へちまたわし」のようだ、と思えてくる。
身体の頭頂から足の先まで、その表層から深層へと、筋膜は「へちまたわし」のように筋肉や血管、神経を内包しながら全身を包み込んで多重構造による支持組織のイメージが湧いてくる。
c0113928_16175529.jpg

                    「へちまたわし」

この前の記事(1月21日「B.フラーとT.ヤンセンに膜系連鎖を学ぶ」にsansetu先生がコメントを寄せてくれた。武道の流派の動きを引用してヤンセンのロボットの動きを評しいる。

支点・力点、作用点の流動と固定を同時進行で行なう技術がありますが、このロボットの動きとよく似ています。支点が流動するので相手は何をされているのか分からなくなります。

このコメントは有り難かった。コメントの中で、「支点が流動する」という表現は筋膜リリースの手法のコツだと感じた。

一般的に固有筋のストレッチは、その筋の起始あるいは停止(関節)を固定して伸張させる作用点を作る。
ところが筋膜のリリースでは支点が流動する。つまり固定することはしない。
かといって支点がないわけではなく、支点が変化する。つまり支点は流動するのである。

筋膜が持つ伸縮性と弾性それに神経系の情報ネットワーク網は、徒手治療が果たしている役割も多いにちがいない。
[PR]
by m_chiro | 2009-01-27 16:27 | 膜系連鎖 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/10727924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 反証的鍼灸手技臨床 at 2009-01-28 16:00
タイトル : へちま/うまいこと言うなあ
守屋先生のブログにとても良い画像があったので拝借します。 これ、いいですねえ。 これ見ているとポリモーダル受容器による全身ネットワークを想像します。 皮膚表面から深部まで、もしも自分がパルスになれたとしたら、どこにでもアッという間に行けますね。 鍼灸のツボ操作による各種遠隔治療により起きる普遍性の高いアクセス現象は、固有名詞の付いている神経の既知機能では説明不可能です。 でも上の画像を見ていると説明がつくような気がします。 私はふだんTPを使わずに治療していますが、もち...... more
Commented by だるま at 2009-01-28 08:35 x
おはようございます。筋膜の解説ありがとうございます。最近、触診をして感じることですが、身体症状がひどい方や精神的に過度のストレスを抱えている方は、筋膜が癒着して1本の束になっているような感じがします。先生の解説を読みまして、合点がいきました。
Commented by m_chiro at 2009-01-29 00:21 x
だるま先生、膜系は面白いですね。まだまだ未知の分野かもしれません。
私は解剖実習で一番驚いたのがこの膜組織でした。固有筋や神経、血管などを辿るわけですが、まるで分かりやすいように膜で仕切っているようでした。そのときに、これは「へちまたわし」のようだ、と感じました。アメリカと中国で随分多くの検体を解剖させていただきましたが、個々の器官に辿りつく前に脂肪と膜組織を取り除くのが一苦労でした。膜系に、ポリモーダル受容器とその情報ネットを想定すると、腑に落ちることが沢山あるように思います。気がついたことなどありましたら、また教えてください。
Commented by bancyou1965 at 2009-01-29 16:10
この図わ見ていると、ひとつの筋線維に捻りを加えると、それが増幅されて渦のように伸び縮みして全体に大きく伝わって行くイメージがします。
だからきっと複雑な動きも可能にできるのでしょうね。
逆に阻害されると何らかのトラブルが起こる。
最近動きについて色々自分なりに考えていますが、まだまだ模索の日々です。
Commented by m_chiro at 2009-01-29 18:26
bancyou先生、動きや筋力(MMT)には単純に固有筋の能力とは決めかねるところがあります。当然のことながら、動きの連鎖による相乗効果があって発現されるものだと思います。ですから、筋力テスト(MMT)の結果も額面通りには受け取れませんね。
面白い分野ではありますが、難解なところでもありますね。
<< 椎間板ヘルニア炎症説への疑問 雪の降る街を >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ