雪の降る街を
先週末には降り積もった雪もすっかり消えていたのに、また寒波襲来。
昨日の朝目覚めると、外は50cmほどの積雪で真っ白になっていた。
一夜で、こんなに積もるとは...。
庄内の冬は風の音と共に雪が舞う風情なのだが、昨晩はシンシンと降り積もったのだろう。
今日も断続的に降り続いている。

雪が多くなると、除雪作業でクタクタになる。
そのたびに、汗だくになった下着を替えなければならない。
やっと除雪したところへ、今度は除雪車が道路の雪を寄せて行く。
すると、隣近所が総出でまた雪かきがはじまる。

中には、老人だけの所帯もあり、一人住まいになった老人の家もある。
そんな家には、市からの依頼で隣組の世話役が出向いて行く。
厳しい冬には助け合いの心が生きている。
そして、除けても除けても積もる雪への愚痴が、この頃の挨拶になる。


そんな現実から離れて、静かに降り積もる雪を見ていると、雪景色はとても綺麗だと思う。
「雪の降る街を」のメロディが聞こえてきそうだ。
この唄の作曲者は中田喜直氏である。
中田氏は「小さい秋みつけた」などの童謡を数多く作曲している。
この曲は庄内地方の友人宅に投宿した折に、降りしきる雪をみながら曲のイメージを作ったとされていて、氏は庄内での演奏会でこの曲の指揮をとったと聞いている。
庄内と縁のある曲だから、余計に冬景色とフィットするのだろうか。

作詞は劇作家の内村直也氏で、昭和28年のNHK放送劇「えり子とともに」の挿入歌としてヒットした歌だそうだ。

この曲、ショパンの「幻想曲ヘ短調」にそっくりだとも言われているらしい。

どうでもいいが、雪の降る夜はとても心が落ち着く曲である。
[PR]
by m_chiro | 2009-01-26 18:35 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/10719977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sansetu at 2009-01-27 11:50
わあ、50cmですか。さすが本場雪国ですね。佐渡はもうそんなには積もらなくなりました。50年以上前は佐渡でもすごかったと大先輩たちが言っています。
周りが海に囲まれているのでもともと内陸よりは暖かいのですけどね。
中田氏の曲は大好きです。「雪の降る街を」と聞くと自動的に脳内ジュークボックスのスイッチが入り、ダークダックスの歌声で聴こえてきます。
Commented by m_chiro at 2009-01-27 16:34
一度にこんなに降ることはそうそうあることではないんですが、除雪作業の連続で「勘弁してよ!」と泣きを入れたくなります。

ご同様に、私の脳内ミュージックボックスもダークダックスの歌声です。
時代を感じますね。
<< 筋膜は「へちまたわし」のイメージ B.フラーとT.ヤンセンに膜系... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ