B.フラーとT.ヤンセンに膜系連鎖を学ぶ




08.1.22の記事歪みのニューモデルで、身体のテンセギリティー構造について触れた。

テンセグリティとは、張力(tension)と統合(integrate)を組み合わせた造語で、リチャード・バックミンスター・フラー(Richard Buckminster Fuller, 1895年7月12日 - 1983年7月1日)がその概念を広めたものである。
フラーは、アメリカのマサチューセッツ州出身の思想家、デザイナー、構造家、建築家、発明家、詩人として多才で天才的な能力を発揮した人である。

さて、このテンセグリティーとは圧縮力と張力という相反する力でバランスさせる、構造的安定の自己調節系とでも言えるだろうか。
今では身体治療には欠かせない概念でもあるだろう。

この概念から身体構造をみると、どうしても支持構造を(実はそれさえも張力としての作用もあるのだが)結ぶ筋膜系に思いが行き着いてしまう。

ハーバード大学医学部のイングバー博士(Donald.E.Ingber)は、生物の構造を生み出す基本原理こそが「テンセグリティー」だ、と主張している。
博士の論文である「生物のかたちを決める力」の一節が、そのことを納得させる。

人体の要素は、分子から骨、筋肉、健にいたるまで、まるで自然が選んだとしか思えないほど基礎構造にテンセグリティーを利用している。たとえば、私たちが腕を動かすとき、必ず皮膚が伸び、細胞外基質が伸張し、細胞が捻れて、細胞内骨格を形成する連続した分子が張力を感じとるわけだが、細胞や組織がちぎれたり、連係が途絶えたりすることなくこれらの現象が起こる仕組みは、テンセグリティーでしか説明できないのである。


テンセグリティーという概念から身体をみると、どうしても筋・筋膜系の連鎖という仕組みに注目せざるを得なくなる。

さて、冒頭で紹介した動画は風を動力にしたロボットである。
その製作者であるヤンセンの個展が、アジアでは初めての開催となった。
「テオ・ヤンセン展」

このヤンセンのロボットの動力は風である。だからエンジンも電脳もない。
だけど、その動きは実に繊細である。
一般に見られる関節構造だけのロボットのようなギクシャクした動きではない。
ヤンセンのロボットはテンセグリテイーの応用なのだろう。

身体の巧妙な動きを演出しているのは、やはり膜系の連鎖にこそあるように思える。
[PR]
by m_chiro | 2009-01-21 19:57 | 膜系連鎖 | Trackback(1) | Comments(5)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/10676644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 座敷わらしのひとりごと at 2009-01-28 21:46
タイトル : からだのうごきについて
B.フラーとT.ヤンセンに膜系連鎖を学ぶ 守屋先生のブログで勉強していると、いつも感じることがあります。 それは、身体は、バラバラの機関がくっついてできたものではなくて、 連動しているということ。 だから、操体法や、揺らしといった方法で、身体を整えることができて、痛みが取れたりする。 でも、だから。。。 連動しているから、ひとつ悪いところがあると、やっぱり他のところも悪くなるんじゃないかなあ。 痛いところがいっぱい、動かしにくい関節(硬い筋肉)がいっぱい。...... more
Commented at 2009-01-22 09:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sansetu at 2009-01-22 22:44
このロボット以前見たことがあります。良い動きですね。宮崎アニメに登場する動く機械に似ていますね。もしかしたらこれを取り入れたのかもですね。
ところでこの動きは日本の古武術や中国拳法に見られる動きでして、日野晃氏のメソッドにも同様の動きを感じます。
古武術家の甲野さんは井桁理論などと言っていますね。
大東流合気柔術の大きな特徴として、支点・力点、作用点の流動と固定を同時進行で行なう技術がありますが、このロボットの動きとよく似ています。
支点が流動するので相手は何をされているのか分からなくなります。
膜系連動ということでは、経筋経という概念は優れていると思います。固有筋へのアプローチでは治らない症状が経筋という連動概念を用いることで簡単に解決するパターンがあまりにも多過ぎます。
それゆえ現行のTPBは固有筋への囚われにより、効き目の範囲がイマイチなところがあります。TPの関連痛マップも概念がまだ未熟で不完全です。あれでは応用が限られてしまいますね。
Commented by sansetu at 2009-01-22 22:44
つづき
操体法が優れているところは、最初から連動系に対してアプローチしており、連動系のテンションを変更させるわけで、ゆえに素人が固有筋の知識などなくとも効果を上げられるわけですね。もちろん知識があれば、もっと微細なプロ的な操体法となりますが。
Commented by m_chiro at 2009-01-26 18:38
カギコメ様、徒手療法でも痛みの問題でも、筋筋膜は避けて通れないテーマですね。
Commented by m_chiro at 2009-01-26 18:48
sansetu先生、「支点・力点、作用点の流動と固定を同時進行で行なう技術」というのは凄い技だと、素人ながら思います。
「流動する支点」という考え方に、とても引き付けられました。
筋肉はどうしても単体として捉えますので固有筋にとらわれてしまいます。経筋系の概念は、膜系の考え方にも合致していて面白いと実感します。
操体法も勉強してみようと思いました。
<< 雪の降る街を 愛犬、雪の原を駆ける >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索