「痛み学・NOTE」⑲ ガーデンホース・セオリーで根性痛を説明できるか?
「痛み学・NOTE」は、日々の臨床で痛みと向き合っている医師や日本を代表する研究者の著作あるいはホームページを通して学んだり考えたりしたことを、私の「学習ノート」としてまとめ、書き綴るものです。

⑲ ガーデンホース・セオリーで根性痛を説明できるか? 

カイロプラクティックでは、「ガーデンホース・セオリー」や「ナーブピンチング・セオリー」として神経圧迫理論が構築されてきた。
庭に水を撒くときのホースを神経とみなし、その中を流れる水を電気信号に譬えている。
椎骨の位置異状によって椎間孔の狭小化が起こると、神経が圧迫されるとするものである。

この理論は、長い間カイロプラクターの治療の根拠にされてきた。
この根拠が否定されるようになったのは、米国ナショナル・カイロ大学でのある実験結果だったようだ。
実験動物の犬を使い、椎間孔が狭窄されるまで椎骨を動かしても、終には椎骨が脱臼するまで動かしても、神経の伝達速度は著名に変化しなかった、という結果の報告である。

それもあってか、今ではサブラクセーションなどによる神経圧迫説は脈管系の循環障害によるものと変化している。
椎間孔を占める組織は、神経、動脈、静脈、リンパなどで、そのうち神経の占める割合は3分の1ほどである。そう易々と椎間孔自体の狭窄が起りうるものでもない。
ところで、圧力に対しての感受性は静脈において顕著であるとされている。
静脈に変形をもたらす圧力は、5~15mmHg(A4のコピー用紙を2mの高さから地面に落下した時の圧力)だという。これはロサンゼルス・カイロ大学で解剖学教授を務めた経歴を持つDr.トランの報告である。

サブラクセーションが長期化し、この椎間孔での可動性が減少すると、圧力に対する感受性の強い静脈は変形する。結果的に、静脈内の血漿は更に血管外に滲出することになる。
この現象がリンパや動脈への圧力を高めることになり、最終的に神経根が圧迫されるのだとする。

こうしてカイロプラクティックの神経圧迫説は、その仕組みを変えてきている。

しかし、どんなに神経圧迫の実態を変えてみようとも、神経根が圧迫されたことで根症状が発症するとみる説に変わりはない。
問題にすべきことは、なぜ神経や神経根の圧迫が下行性に痛みとして認知されるのか、という生理学的機序なのである。
結局、カイロプラクティックが説いたガーデンホース・セオリーでは、根性痛などの神経圧迫による痛み症状を裏付ける理論的根拠には成り得ていない。
[PR]
by m_chiro | 2009-01-14 20:39 | 痛み学NOTE | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/10608571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 漢(男)のブログ at 2009-01-14 23:18
タイトル : もう一度復習してみよう。
「痛み学・NOTE」⑲ ガーデンホース・セオリーで根性痛を説明できるか 守屋先生が御自身のブログで、カイロプラクティックにおける神経根症状の考え方の移り変わりについて、詳しく説明してくださっています。 結局、一部の特殊な状態を除けば、知覚神経は末梢から中枢への一方通行なのである。... more
<< 愛犬、雪の原を駆ける 「新しい治療モデル」へ。 >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索