「新しい治療モデル」へ。
日頃、ご指導いただいている整形外科医・加茂淳先生の著書「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」が刊行された。
c0113928_0231077.jpg
先生がHPやブログ上で説かれている内容を、とても分かりやすく丁寧に書かれている。
痛みを抱える患者さんには心強い励ましにもなり、光明をもたらしてくれる本だろう。
私のような徒手治療家も加茂先生の教えに触発されて前に進めたように、痛みを持つ患者さんにも大きな勇気を与えてくれるであろうことは間違いない。

最早、筋骨格系の痛みにおける「損傷モデル」は、過去の治療戦略と言ってよい。
新しい治療モデルとして「生物・心理・社会的医学モデル」を確立することが医療サイドに求められている。このことは一貫した著者からの強いメッセージでもある。
この新しい痛みの治療モデルには、「手術」は相容れない方法論だろう。

整形外科医としての30年もの診療歴の中で、一度も椎間板ヘルニアによる麻痺症状を診たことがない、と加茂先生は書かれていた。
日本整形外科学会の「腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン」にも、ヘルニアによって麻痺が起こるとは一言も書かれていなかった。腰・下肢痛という「痛み症状」にのみ焦点が当てられている。
つまりは、椎間板ヘルニアによって麻痺は起こらない、ということなのだろう。
では「痛み」症状なのかと言うと、無症候性の椎間板ヘルニアの存在が提出され続けていること、あるいはその痛みの機序が明らかでない現況の中では、痛みそのものとの関わりも怪しいと言わざるを得ない。

この本には、そうした構造障害による痛みとみなされて苦しんできた患者さんたちの生の声と、それに丁寧に答える加茂先生とのやりとりも多く掲載されている。痛みと向き合い、手を差し伸べる加茂先生の慈愛が全編に溢れている本でもある。

MPS(筋・筋膜性疼痛症候群)という概念から、筋骨格系の痛みを評価しようとする加茂先生の眼は、既に「痛みの新しい治療モデル」の啓蒙に向けられている。
MPSの公式サイトを立ち上げる計画は、この本と共に痛み患者の心強い味方になってくれるものと思う。
[PR]
by m_chiro | 2009-01-14 00:25 | Books | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/10601276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「痛み学・NOTE」⑲ ガーデ... 「痛み学・NOTE」⑱ 神経根... >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索