腰と右膝が伸ばせない
中年の婦人が腰と右膝を曲げながら治療にみえた。
一週間前から右鼡径部と殿部に痛みが出はじめ徐々に悪化して、昨日は夜も痛んで眠れなかった。遂には腰も右膝も伸ばせなくなったらしい。
前傾姿勢で右膝を屈曲したまま歩いている。
ベッドでも右膝を曲げてないと仰臥位になれない。
思い当たることもなく、一週間で歩けなくなるほど悪化したようだ。

原因を尋ねると、ほとんどの人は「分からない」、「思い当たらない」という答えが返ってくる。損傷モデルを想定しているからだろう。
「痛みの出る前日は何をしていたの?」と聞くと、親戚に不幸があって葬式の手伝いをしたと言う。田舎のお葬式は何日もかけての大仕事なのだ。イベント痛だ。
寝不足が続いていたようだし、心理的な要因や物理的な負荷なども複合しているのだろう。
でも、それが痛みの原因だと思うような人は先ずいない。

ぎっくり腰だの、急な痛みにはきっと誘因があるものだ。
風邪をひいていないか、寝不足はないか、眼の酷使はないか、暴飲暴食をしていないか(肝機能や内臓疾患も含めて)、温泉三昧などでお風呂に入り過ぎていないか、これらは生活関連の因子として聞き取るべき必須項目であろう。
生活リズムの変化は痛みの誘因にもなる。
生活リズムを取り戻すだけでも、1週間ほどで痛みは消えることがある。ところが、1週間を過ぎて更に悪化している痛みは、早めのリリースが大切なのである。

この患者さん、右腸腰筋にトリガー・ポイントがある。ジャンプ・サインである。
圧痛が顕著なので、遠隔を用いることにした。
仰臥位で右膝屈曲位から伸展させるとどこが痛むか、そのラインをみると鼡径部から膝にかけて胃経のラインである。
左肺経に反応点が2ポイントある。その2ポイントを圧して右膝の屈曲伸展運動をしてもらう。2~3回行ったら痛みがなくなり、膝伸展位ができるようになった。最も良く反応したのが「孔最」のようである。

左腕関節が可動亢進ぎみで、逆に肘関節の可動が悪い。
肘関節の可動を回復させてから、もう一度「孔最」の反応点を押圧して右下肢の屈曲伸展運動を行わせると、スムーズに動かせるようになった。
ジャンプ・サインが消えたので、更に右股関節を伸展させながら周辺の圧痛ポイントをリリースした。
歩かせても、今度は大丈夫のようだ。今夜はぐっすりと眠ってほしい。
[PR]
by m_chiro | 2008-12-25 23:12 | 症例 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/10426692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bancyou1965 at 2008-12-27 17:35
先生こんにちは!今回の記事の内容、先生に初めてメールをさせていただいた頃なら解釈困難でしたが、今は僕も同じような視点で診れる自分が居る事に気付きました。
先生方のお陰で視野が広がり、少しは成長できているかもしれません。
来年の前半は、新たな取り組みに向けての勉強追試をテーマにしようと思います。
また、色々御教授願う事もあると思いますが、変わらず御指導、御鞭撻の程宜しくお願いします。
Commented by syaruruk at 2008-12-28 21:29
私のぎっくりも、身体的な負荷に加えて、精神的なストレスが加わったときに治りが悪いです。いつもそう。。。。自覚していても、繰り返す駄目ちゃんです^^;
それでも、おかげさまでこの一年は、うまく乗り切れました(え?とかの突っ込みはなしでm(--)m)。ありがとうございました。来年もよろしく御願いします。
Commented by joekun42 at 2008-12-29 09:42
先生!お世話様です。今年もあと残りわずかになってまいりました。先生はお変わりありませんか?今年はがんばって、31日まで仕事し、来年は1/1から仕事開始です。(どうしても元旦からスポーツチームに帯同してくださいとの話をいただきがんばろうと思っています)今年、先生に北海道でお会いしてから、人の身体の不思議さにまたまた、感動しています。また、先生のこのブログでのなんで?と思うようなことが起きてしまう人の反応!すばらしいです。私ももっともっと勉強していきたいと思いました。私もわからないことばかりですが、前向きに一歩一歩進んでいきたいと思っています。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
Commented by m_chiro at 2008-12-31 18:28
bancyou先生、情報を共有できる仲間がいることは心強いですね。
今年一年間、ホントにお世話になりました。
これからもよろしくお願いいたします。
Commented by m_chiro at 2008-12-31 18:48
syarurukさん、自分の身体との付き合い方が分かるようになると、気持ち的にも楽になることがあるかも知れませんね。
来年は、何かsyarurukさんの役に立ちそうな情報を与えられるようなことがあるといいなぁ~。

こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします。
Commented by m_chiro at 2008-12-31 18:51
Y先生、年末年始もフル回転のようですね。
私もバタバタしながら、慌しい年末でした。
31日も身辺の整理に追われています。
来年、また一緒に研鑽できることを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。
<< みなさま有難うございました。佳... 「ツボに訊け! 鍼灸の底力」を読む >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索