「ツボに訊け! 鍼灸の底力」を読む
「ツボに訊け! 鍼灸の底力(寄金丈嗣 著)」
http://sansetu.exblog.jp/9867953/

「鍼灸師は患者さんが読むより前に、すぐに買って読んでおきましょう。」


sansetu先生がブログで推薦されていた本です。
ということで、鍼灸師ではないけれど面白くて一気読みでした。

鍼灸の歴史から、東洋医学の考え方、業界事情から鍼灸院の選び方に至るまで、鍼灸治療の良きガイドブックのようです。
時には鋭い突っ込みもあり、わかりやすく説得力のある論理展開で、読者を引きつける著者の力量を感じさせる本でした。

「バーチャル鍼灸体験」の章は、門外漢にとっては興味深深ものでした。
「鍼灸のことなんて知らない」女性のライターによる患者体験記という体裁ですが、これがまた面白い。
3つの典型的なタイプの鍼灸院を取材したリポートで、一見の初診の患者として出向いて治療を受けるという設定になっている。先方にはその報せはないので、余計にリアルな臨床現場を覗いた気分で読める。
こうした患者目線で、自分の治療院も取材シュミレーションしてみると、案外思いもよらない気づきがあるのではないだろうか。

カイロプラクティックはたかが百数十年の歴史であるが、日本のカイロプラクターの混迷ぶりは先行きの暗さを象徴するような実態です。著者の次の言葉は、そんなボンヤリした頭に一撃を喰らったようなインパクトで胸に沁みました。

いい加減に鍼灸界は安易なイデオロギーの押し付けや、借り物の西洋科学のよろいを纏ったり、神がかり的・オカルト的な臨床家にありがちな、安っぽい怪しげな雰囲気を払拭し、「人の身体で人の身体へ」という原点に立ち返るべきであろうと思います。


次の一節もしびれます。

入力と出力が常に同時にある。感じるものがあればそれに応じ、臨機応変にツボ一穴に身体総てを動員して立ち向かっているのが鍼灸師です。それはインプロビゼーションの世界であり、二度とおなじことはあり得ないのです。


治療はインプロビゼーション、つまり反応系における即興だという。一期一会の妙を重んじる特徴的技術が、人の手を通して生き延びてきたところに「伝統」があるのだ、と言います。こうした卓見が、ページのあちこちに散りばめられていて読後の爽快感は何とも言われませんでした。
鍼灸師に限らず、すべての治療家に是非一読を薦めたい本です。
治療の領域を問わず、共通した身体感や治療に関する普遍的な方向性をきっと学べることでしょう。
[PR]
by m_chiro | 2008-12-22 16:50 | Books | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/10398482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bancyou1965 at 2008-12-22 21:14
先生こんばんは!僕も読みました。今は患者さんにお貸ししています。
先日も、柔整師の資格で開業している人間が、何か鍼灸の良い教科書は無いか尋ねて来たので、この本を推薦していました。私自身、鍼灸師ではありますが、脈診などの記述参考になりました。いずれにしろ、医療は個を診る訳ですから、方程式などあるはずありませんね。あれば、一番に教えてもらいたいのは、患者さんで無く治療者のように思います。
Commented by m_chiro at 2008-12-25 23:18
bancyou先生、ほんとに薦めたくなる本でしたね。
私もとても面白く読みながら、鍼灸や東洋医学の感が方の概要を学んだような気がします。

>一番に教えてもらいたいのは、患者さんで無く治療者のように思います。
まったくですね。
<< 腰と右膝が伸ばせない 不随意の動きの問題を考える >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索