「生物と無生物のあいだ」
c0113928_184613.jpg


この本、講談社の現代新書から2007年5月に発刊されました。
発行と共に話題になり、数々の賞を受賞した話題の本です。
遅ればせながら読んでみました。

著者は、分子生物学者の福岡伸一氏。
巧みな文章力に引き込まれて、まるで小説を読んでいるような感覚で一気に読めました。
タイトルはハードな内容を思わせるが、内容は科学者の日常を、それぞれの研究テーマを追いながら紹介したもので、分子生物学の紹介としてはとても良い案内書のように思いました。特に門外漢の私にとっては、DNAの発見をめぐる科学者たちの裏面史を面白く読みました。

ところで、本題の生物と無生物を分けるものは何か。
詳しくは言及されていませんでしたが、結局は「生命」の有無ということになるのでしょうか。
では、その生命とは何か? 
20世紀の科学が到達した一つの結論が「自己複製を行うシステム」とすると、ウイルスは生物か、と著者は問います。

ウイルスは栄養を摂らない。呼吸もしない。二酸化炭素も出さない。老廃物も出さない。つまりは、代謝を行わない。その上、ウイルスを混じり物がないまで純化精製して特殊な条件で濃縮すると「結晶化」するのだ。。

そうなると、ウイルスは鉱物に似た「まぎれもない物質」ということになる。ところが、ウイルスには単なる物質と一線を画す特性があり、それが「自己複製能力」を持つということで、このことからすればウイルスも近年の生命の定義に叶うことになります。

ところが著者は、分子生物学の視点に立って「動的平衡」こそが「生命」であるとみているようです。

新たな概念とは言えない「動的平衡」という生命観ではありますが、治療的介入を日常的に行っている私には、著者の次の言葉がとても印象に残りました。

生命という名の動的な平衡は、それ自体、いずれの瞬間でも危ういまでのバランスをとりつつ、同時に時間軸の上を一方向にたどりながら折りたたまれている。それが動的な平衡の謂いである。それは決して逆戻りのできない営みだり、同時に、どの瞬間でもすでに完成された仕組みなのである。
これを乱すような操作的な介入を行えば、動的平衡は取り返しのつかないダメージを受ける。もし平衡状態が表向き、大きく変化しないように見えても、それはこの動的な仕組みが滑らかで、やわらかいがゆえに、操作を一時的に吸収したからにすぎない。そこでは何かが変形され、何かが損なわれている。生命と環境との相互作用が一回限りの折り紙であるという意味からは、介入が、この一回性の運動を異なる岐路へ導いたことに変わりはない。

[PR]
by m_chiro | 2008-12-13 18:48 | Books | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mchiro.exblog.jp/tb/10328750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by だるま at 2008-12-14 22:50 x
先生、こんばんは。治療的介入をできるだけ少なくしたj方が良いのはわかっているのですが、まだまだ、介入を強くしすぎる傾向があります。先生やsansetu先生のように、治療の刺激に対してからだがどう変化すのか?細やかな観察する力をや養っていきたいです
Commented by syaruruk at 2008-12-15 12:10
この本、主人に勧められて、読みました。ウィルスって、面白いですね。ここ2・3日は、ウィルスにやられて、臥せっておりましたが^^;
Commented by m_chiro at 2008-12-16 01:16
だるま先生、こんばんわ。
治療的介入を最小限にするのを全うすることは、なかなか難しいことですね。
私もそれを理想としているのですが、ついつい欲を出したりしてしまいます。
身体反応や変化を観察するのも、私などは日々の積み重ねと思ってやっているようなものです。
先生の症例報告にも学ばせていただいております。
Commented by m_chiro at 2008-12-16 01:24
syaruurkさんも読まれましたか。
表舞台にあまり登場しない(我々が知らないだけかもしれませんが)研究者の一途さや、時代の運・不運などなど、実像がイメージされて読み物としては面白かったですね。
syarurukさんのウイルスは、もうやっつけちゃいましたか?
Commented at 2008-12-17 18:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by m_chiro at 2008-12-17 21:35 x
鍵コメ様、
バタバタしていてすっかり遅くなりました。今メールしました。悪しからずご了承下さい。
<< 不随意の動きの問題を考える 25年間消えていた匂いが蘇った >>



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索
タグ