ソプラノ歌手・砂川直子さんの"X’mas Live"を聴きに!
c0113928_15465794.jpg


12月7日は"X'mas ディナー・ショウ" に出向く。
クリスマス・ディナーは、大好きなソプラノ歌手・砂川直子さんの歌と食の親善大使・太田シェフのフランス料理を堪能しました。
2017年の最後の贅沢で至福の時間を過ごしました。
砂川直子さんの歌声を、最前列のテーブルで聴くことができて幸せ気分maxでした。
クリスマスソングに加えて、フィナーレはオペラの楽曲をマイクなしの生声で聴き、豊かな声量と魅惑の歌声に大感動の夕べになりました。
直子さん、昨年は喉の調子を崩しましたが、もう完全復活ですね。

c0113928_15484224.jpg

c0113928_1549425.jpg

c0113928_15492270.jpg

c0113928_15494480.jpg

c0113928_1550516.jpg

[PR]
# by m_chiro | 2017-12-12 15:51 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)
膜系治療の手控録❶
膜系治療概観

膜系に対する治療が徒手療法に関わる人たちの意識にあがってきたのは、80年代後半の頃からではないかと思える。
最初は筋筋膜への関心から拡がったのではないだろうか。
それはJ.トラベルMDがトリガーポイントの概念を刊行(1983)した書籍「筋筋膜痛と機能障害-トリガーポイントマニュアル」が火をつけたのだろう。

もちろん、それより大分前から(1952)、トラベルMDはトリガーポイントの概念を発表していたわけであるが、同じ時期にカイロプラクターのニモDCも同様の考え(NGP;侵害生成点)で活動していた。

トリガーポイントの概念は、膜系治療を大きく発展させた引き金でもあったのだと思える。
カイロプラクティックやオステオパシーには「コアリンク」という概念もあり、それは硬膜管という脊柱の裏張りとなる組織への対応でもあった。

臨床に関わる人たちは脊柱の関節機能にばかり関心が向き、脊柱の動きを裏側からコントロールしている硬膜管とその関連靭帯が長年無視されてきている、と嘆く解剖学者もいる。

さらにそこから硬膜管の延長としての頭蓋膜系、あるいは硬膜管の両端に当たる仙骨-後頭骨への対応として「SOT(仙骨-後頭骨療法」という手法が生まれた。
また蝶形骨-後頭骨-上顎骨-ヒールテンションという膜系の連鎖への手法も生み出された。
それらの多くは身体のコアな縦軸に相当する硬膜系への対応である。

身体の横軸に対する見解は小脳テント、胸郭膜、横隔膜、骨盤隔膜の組織であり、硬膜管を側面から安定させている膜系組織にも注意が向くようになった。

やがて内臓マニピュレーションという手法が汎用されるようになるが、この手法にも大きく分けて2つの方法論があるようだ。

モビリゼーションを多用する手法と、腹腔をひとつの風船と捉えて腹腔表面の膜系のテンションを変化させながら内部の力学的変化を促す、といった手法である。

内臓マニピュレーションは、どちらかというと他動的に個々の内臓への動的なモビリゼーションである。
それでも、目的は内臓膜・腸間膜の緊張を調整し、循環を促すことにあり、内臓そのものというよりは内臓膜のテンションを調整することにあるのだろう。
だから、内臓マニピュレーションの技法も膜系治療に入れていいのだろうと思う。

もちろん最初に触れた筋筋膜への手法も膜系治療に入る。

そして最後に、「中心腱」という概念をあげておきたい。
これは身体表面にある浅筋膜層と深筋膜層に位置する筋膜の紐とされているようだ。
私はベクトルという視点で捉えているので、中心腱の概念については、また別の機会に触れることにしたい。
[PR]
# by m_chiro | 2017-11-30 16:53 | 膜系連鎖 | Trackback | Comments(0)
いただいた極楽草を活ける
花栽培農家さんから、出荷用のはじき花をいただいた。
後で聞いたら「極楽草」という名の花らしい。
もう一種類はストックという花だそうだ。
とても匂いが香しい花である。
「極楽草」とはタイムリーな名前の花を頂いたものだ、と早速花瓶に挿した。
そうだ! 
「ごくらく」の花の元に桐子の写真を置いておこう!

c0113928_1585848.jpg

[PR]
# by m_chiro | 2017-11-30 15:12 | 守屋カイロ・オフィス | Trackback | Comments(0)
内臓膜と関連症状❶
膜系の治療を考えるとき、いつもイメージするのはへちま構造である。
人体解剖実習で鮮明に印象に残ったことは、膜系の多様で複雑な連続体だった。
それはまぎれもなく「へちま」のイメージに結びついたのである。
c0113928_17131563.png

へちまの空間や隙間を人体の膜構造とみると、空いたすきま空間には骨や筋肉、血管や神経、そして内臓などの組織が入るところなのだろう。

解剖学者・三木成夫は、その著「生命形態の自然誌Ⅰ」に収められている「解剖学総論草稿」の中で、脊柱について次のように書いている。
脊椎骨とはすでに述べたように、脊索と周囲の諸器官との間の結合組織に起こったひとつの石灰沈着の構造物であることがうかがわれる。したがってそれは、からだの肉付けのために、最初に拵えた〝骨組み”ではなく、あくまでも二次的に、いってみれば固体体制の鋳型から造り出された、それの「負の象徴構造」であることが容易に理解されるであろう。骨のもつかたちには、そのような意味が込められる。


要するに、発生学的には空腸動物などの筋・膜組織の生きものが持つ隙間に石化沈着が起こって骨になるというわけである。
そう考えると、膜系組織は原初の生きものとしての重要な組織形態ということになるのだろう。
やはり「へちま」構造である。
その隙間に「骨」もできた。ということは膜系の緊張や歪みは、その隙間構造の中に存在する骨にも影響を与えることになるのだろう。
膜系組織に存在する受容器を想定すれば、膜系治療への徒手治療の役割は大きい。

この膜系組織を、縦軸系として1.硬膜管、2.大脳鎌。
横軸系として1.小脳テント、2.胸郭膜、3.胸郭膜、4.横隔膜、5.骨盤隔膜。
さらに内臓膜系。
そして筋膜系、に分けて観るようにしている。

あえて内臓膜と書いたが、厳密には「内臓」そのものというより内臓を包み連結する膜系と捉えたいからである。
徒手療法界では「内臓マニピュレーション」と総称されているが、これもどちらかというと「内臓自体」よりも関連する膜系が意識されているのではないかと思える。

先日、腰痛の女性患者がみえた。
慢性的に腰痛を抱えている(整形外科診断名は「椎間板ヘルニア」である)。
そして時に動きに支障がでるほど悩まされることがある。
これといって思い当たることもない。
原因とされる身体的ストレスに心当たりがない、というケースである。

4日ほど前に、朝起きて洗面所で腰に違和感を感じて、それから立ち居振る舞いに右腰臀部に痛みが出るようになった。
立ち座り、靴下を履く動作、歩行など、日常的な動きに支障が起こるようになった。
仰臥位になってもらうと、左下肢が伸展位になることで左腰臀部と鼠径部に痛みが出現する。
したがって股関節の屈曲ー伸展の動きでも同様の痛みが起こる。
当然、歩行でも同様の痛みが起こる。

最初に、硬膜管のリリースを行った(S3、C6)。
次に、蝶形骨―後頭骨―上顎骨連鎖をリリースした。
この時点で、左下肢伸展位が可能になる。
が、股関節の屈伸の動きで、右腰仙部と鼠径部に痛みが起こる。
これだけでも十分痛みが軽減したのであるが、さらに突き詰めてみていく。
そこから膜系の停滞を探ると、2つの部位が窺がえる。

ひとつは、右肋骨横隔洞周辺、もうひとつは右の下腹部である。
横隔膜をリリースしたが、股関節の屈伸には変化がない。
右下腹部の内臓膜はかなり強い緊張がある。
手術の有無を確認すると、7年ほど前に子宮筋腫と左卵巣の摘出手術を受けている。
でも右側は残してあるようだ。

タッチトークでは「小腸間膜」でYesだった。
c0113928_17185281.jpg

(解剖図譜に小腸間膜根を赤で表示してみた)
空腸と回腸は全長数mであるが、集まって後腹壁につながる部分では長さ15cmほどの後腹壁とつながる根部となっている。
これを小腸間膜根と呼び、上端は十二指腸と空腸の境界部周辺である。
小腸間膜は腹部後壁に付着するが、根部はL2椎体レベルから右仙腸関節の前方に至る膜根である。

この小腸間膜をリリース方向は、簡単な組み合わせ動態を用いると分かりやすい。
上肢を一側づつ上方に牽引して、患側下肢の屈伸運動をさせながら痛みの消失あるいは軽減する方向を見つけることもできるだろう。

このケースでは、左上肢の2時方向で、左股関節の屈伸運動による痛みが消失した。
そこで左上肢を2時方向に挙上させて(アシスタントがいれば補助してもらえる)、小腸間膜根を2時方向にストレッチをかけてリリースした。
再び股関節屈伸運動で評価すると痛みが出ない。
立ち座り、歩行で確認したが、良好である。

筋骨格系の症状でも、内臓膜系の治療を組み合わせることで劇的な改善が期待できる。
あるいは、膜系の治療には内臓膜のアプローチを考慮した方がいいとも言えるだろう。
[PR]
# by m_chiro | 2017-11-28 17:21 | 膜系連鎖 | Trackback | Comments(0)
桐子の初七日に
愛犬・桐子が亡くなって一週間が過ぎた。
少しずつ私の心も平常になっているのかな….。
治療室にも桐子の写真を飾った。
c0113928_17362754.jpg


空の一次預かりのご一家から送られた献花が、まだ綺麗に咲いている。
せっかくなので治療室の片隅に、私が「かな頭」に般若心経を描いた拙い絵を背景に置いて、桐子の写真を飾った。
まだ花が綺麗に咲いている間は、桐子の写真にでも見せてあげよう。

献花には、こんな言葉が寄せられている。
「桐子ちゃん、幸せな、幸せな17年間だったね。空の優しいお姉ちゃんでいてくれてありがとう。可愛い桐子ちゃんのこと忘れないよ」

初七日に、供養のために家内が献句を詠んだ。
桐一葉(きりひとは) 愛犬(まないぬ)の老い 深まりぬ
山茶花(さざんか)の 零れ(こぼれ)散る日の 別離かな
愛し犬(ご)の 野辺への街道(みち)や 懸大根(かけだいこ)
                      郁子


私にとっての「桐子の教え」
桐子は運動機能が衰えて歩行が困難になっても一歩前に出ることを止めなかった。
転んでも、転んでも、泣き言も言わずに立ち上がろうと懸命に動いた。
排便・排尿は自分で立って済まそうと、紙おむつに用足すのを嫌がった。
その気持ちは、亡くなる前日まで変わらなかった。
その心情や様子を見るにつけ、
「動きを止めてはいけない。一歩でも半歩でもいいから前に進める! 動物が動きを止めることは死に等しいのだ」という桐子の教えだ、と私は受け取った。
私も老いの身に鞭打って活動を続けなければ桐子に笑われる…と、そう思わざるを得なかった。

リハビリで足をうまく着地できず、たびたび転倒した桐子。
最初はバスタオルで作ったベルトで胸部を支え、体を浮かせながら着地の練習をした。
すると次第に体幹を持ち上げなくても歩けるようになった。
家の中では農作用の敷物を敷いて桐子のリハビリロードを作った。
これだと独り歩きでも歩きやすい。
ひと足ひと足、手取り足取り、着地の在り様を伝えた。
桐子はそれを素直に受け取って、足の運びを自分で再現してくれるようになっていった。
これも桐子の教えである。
「伝えることだ。押し付けるのではなく、伝えるだけでいい。どう受け取るかは相手の問題だ。伝えない心は、自分を守っているだけのことなんだ」、と胸に響いた。
これからは私も治療に関する技術的なことを、学びたいという後進に伝える機会を持たなければ….と、思っている。
今は桐子の教えを、そう受け止めている
[PR]
# by m_chiro | 2017-11-25 17:34 | わん・にゃん物語 | Trackback | Comments(4)



守屋カイロプラクティック・オフィスのブログです
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ほとんどがMPSなんだけ..
from 心療整形外科
月経が再開した
from 心療整形外科
TPは痛みの現場ですらな..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
脊椎麻酔後頭痛について
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
起立性頭痛
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
「5%の中に本当の椎間板..
from 心療整形外科
髄液循環系と揺らしメモ
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
医師はユニコーン(架空の..
from 心療整形外科
末梢神経の周膜と上膜にも..
from 反証的、鍼灸・手技・心理臨床
また勉強になりました。
from 漢のブログ
ライフログ
検索